不動産投資で不可欠となる「家賃滞納」への迅速な対処

今回は、不動産投資では「家賃滞納への迅速な対処」が不可欠な理由を見ていきます。※本連載では、不動産投資のプラットフォーム開発を主な事業とするプレミアムバリューバンクの取締役社長・北野孝氏の著書、『究極の不動産投資成功の教科書』(経済界)の中から一部を抜粋し、不動産投資の成功に不可欠な「リスク戦略」をご紹介します。

「滞納」は未集金として計上され、課税所得扱いに・・・

前回の続きです。

 

家賃の滞納も、早めに手を打たなくてはなりません。家賃が支払われないまま、居すわられたり、夜逃げされたりしたのでは、不動産投資の根本が崩れてしまいます。

 

しかも滞納は「未収金」として計上されますから、課税所得となります。投資家としては二重の痛手をこうむることになります。早急に解決しなくてはなりません。

 

これを防ぐには、前回までに述べたのと同じように、入居者の審査を厳しくすることが、まず必要です。会社員なら、職種、会社名、年収、勤続年数などを確認することによって、ある程度、家賃滞納のリスクをチェックすることができます。

 

ただ、現実に滞納が起きた場合には、本人への督促の連絡(電話、書面など)、契約者の連帯保証人への連絡などの対応をしなくてはなりません。

 

とはいえ、このような入居者審査は大変重要ですが、あまり審査を厳格にしすぎると、客(入居者)に敬遠される場合もあります。地域特性に応じ、かつ管理会社と相談しつつ、全体のバランスを見ながら対応することが大切です。

 

「家賃滞納保証会社」のサービスを活用し、手間を省く

しかし、これは手間のかかる作業であり、面倒でもあります。

 

そこで、家賃滞納保証会社のサービスを利用することによって、この手間を回避する方法もあります。

 

このサービスを利用すれば、入居者に家賃の滞納などが発生した場合に、家賃保証会社が代位弁済という形で、費用負担をしてくれます。

 

必要な保証料は、物件や家賃保証会社によって異なりますが、おおむね家賃の30〜70%程度です。この保証料に関しては、入居希望者が払う場合もあれば、投資家が支払うこともあります。

同社は2011年の設立以来、不動産投資のプラットフォーム開発・運用から、不動産再生事業、不動産インバウンド事業、不動産投資経営マッチング事業、IoT不動産開発まで幅広く行っている不動産会社。
物件ありきで顧客を探すのではなく、ネット上で多岐に渡る顧客のニーズをデータ化し、独自のネットワークで入手した物件情報の中に適合する物件があれば、その都度ご紹介するという「セレクトショップ型」の営業スタイルを貫く。この営業スタイルが多くの投資家に賛同され、2017年9月末で取扱棟数は908棟。
また、顧客向けに設立したオーナーズクラブ「Elegant Life Club」にて不動産運用はもちろん、投資家自身のライフスタイルの充実を目的とした新サービスの提供も開始する。
サービスサイト「爆増市場」https://s-bakuzou.com/
写真は取締役社長・北野 孝氏。

著者紹介

連載物件購入から運営まで…不動産投資の成功に不可欠な「リスク戦略」

 

 

究極の不動産投資成功の教科書

究極の不動産投資成功の教科書

プレミアムバリューバンク

経済界

成功する人と損する人は、何が、どう違うのか? 500人の不動産オーナーを成功に導いてきた、1棟不動産投資のリーディングカンパニー「プレミアムバリューバンク」プロデュース物件選び、収支計算、リスク回避、融資攻略、リノ…

資産運用セミナーのご案内 有料 20,000円 主催:カメハメハ倶楽部

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」

~半歩先読みで差がつく!勝てる成長株の探し方・買い方<2018年下半期編>

講師 藤本誠之 氏
日時 2018年06月09日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧