定期借地権での家づくり…「貸主・借主」の相互理解の重要性

今回は、定期借地権による賃貸契約を円満に遂行する方法等を考察します。※本連載では、2級建築士・宅地建物取引主任者の齊藤正志氏の著書、『不動産を「加工」する技術』(現代書林)より一部を抜粋し、不動産を有効活用し、次の世代へも継承できる財産を作る「不動産加工」について解説していきます。

定借での賃貸契約には「コーディネーター」が必要

前回からの続きです)

 

さて、このようなことは理論的には成り立ちますが、実際に実現させるためにはどうしたらよいのでしょうか。まず、コーディネーターが必要です。定借での賃貸契約は貸主と借主が将来に向けて継続するため、双方に十分な理解が必要です。将来、万が一、不測の事態があっても、しかるべき対応が必要です。

 

売買の場合は契約が成立して引き渡してしまえば、双方まったくの他人ですから完結できますが、借地契約は、期間が終わるまでは継続します。このようなことをコーディネーターが十分理解して説明しなければならないのです。

 

街の活性化が「空き家予備軍」の資産を守る

次に空き家予備軍に対しての啓蒙活動について述べましょう。私が思うには、今現在空き家になっているところは、先に記したような提案をしてもたぶん進まないと思います。

 

しかし、これから空き家になるだろうという人たちは、かなり多いのではないかと考えられます。その人たちに対しては、当然ながら自分たちの後始末を考える必要と、近隣とのコミュニケーションを常に取りながら、街を活性化していく必要があります。それが、自分たちの資産を守ることになると思います。

2級建築士
宅地建物取引主任者

北海道生まれ、岩手県盛岡市在住。
積水ハウス株式会社にて設計業務5年、営業35年の計40年勤務。累計販売棟数570棟。積水ハウス在籍時、「自分年金」の言葉とコンセプトを自ら作り、土地活用についてのセミナーを多数行う。
2006年に株式会社サムコーポレーションを設立。
現在は不動産活用プロデューサーとして、自分年金・定期借地権を活用した企画や、介護事業者とのマッチング、コンサルティング業務などを手がける。
また、自らアパートや介護施設のオーナーでもあり、豊富な経験談と実例を交えた講演会は、一般・業界向け問わず好評を博している。
著書には『自分流「自分年金」の実践法』(文芸社)がある。

著者紹介

連載土地の価値を高めるための「不動産加工」術

 

 

不動産を 「加工」する技術

不動産を 「加工」する技術

齋藤 正志

現代書林

著者は積水ハウスに入社し、「自分年金」という言葉を考案しました。 そして、「自分年金」をつくる方法としてアパート経営を推奨し、40年間で570棟のアパートを販売したという実績があります。 その後に独立し、いまは不動産…

資産運用セミナーのご案内 有料 20,000円 主催:カメハメハ倶楽部

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」

~半歩先読みで差がつく!勝てる成長株の探し方・買い方<2018年下半期編>

講師 藤本誠之 氏
日時 2018年06月09日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧