今回は、創業まもない時期にこそ経理業務をアウトソーシングすべき理由を説明します。※本連載は、株式会社アックスコンサルティング代表取締役・広瀬元義氏の著書『社長さん!経理はプロに任まかせなさい!』(あさ出版)の中から一部を抜粋し、ムダをなくす経理管理についてわかりやすく解説します。

社長は「売上に貢献する」仕事に時間を割くべき

創業まもない会社では、ほとんどの会社が、社長自らが経理を担当しているはずです。ですが、これが「大きな落とし穴」となります。

 

創業まもない時期は会社の今後の発展にとって、一番大切な時間だからです。

 

たとえば、美容院を経営している社長さんがいたとします。その社長さんは、夜、店を閉めたあと、毎日2時間も残って、一人でレジの現金売上を計算して、銀行の夜間貸金庫にもって行くという作業に忙殺されていました。

 

もし、社長さんが、そんなことに時間と労力をとられていたとしたら、その店の将来は目に見えていいものにはならないでしょう。

 

そのような会計作業に従事するぐらいなら、翌日朝早くから、新規顧客開拓のための営業戦略を練ったり、技術レベルが上がらないスタッフ育成のためのOJTに時間を割いたりしたほうが、よっぽど売上に貢献するというものです。

 

これは美容業に限ったことではなく、創業まもない社長さんには、共通の落とし穴だと思います。

経理事務を自分で行うと「見えない経費」が高くつく

このような規模の会社の社長さんは、領収書や売上の仕訳や記帳といった仕事は、迷わずアウトソーシングに出してしまいましょう。

 

結果的にコストが安くつくからです。

 

もし社長さんの時給が、少なく見積もって3000円だとして、毎日の経理作業に2時間の時間をとられているとします。

 

これは、3000円×2時間×25日間(1カ月の実働日数)=月額15万円、の見えない経費を使用していることになります。

 

また、皆様の会社が、消費者相手に少額の商品やサービスを販売する業種ではなく、社員が自分一人だけ、または2~3名以下の会社であれば、そもそも経理事務のために人を雇うような業務量は発生していないはずです。

 

事実、すべての経理業務を数万円で請け負ってくれる会計事務所があります。

 

創業まもない時期だからこそ、自分で経理事務をやりたいという誘惑を断ち切り、外部に任せるようにしてください。

 

[図表]経理業務アウトソーシング化のメリット

 

あなたにオススメのセミナー

    社長さん!  経理はプロに任まかせなさい!

    社長さん! 経理はプロに任まかせなさい!

    広瀬 元義

    あさ出版

    「会社のお金の流れ」はよく人間の血液にたとえられます。血液と同様に、お金の流れがとまれば、会社を継続させていくことはできません。 そこで本書は、このような不安定な経営から脱するための方法として、経理部門の仕事を…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ