利益を生まない管理業務・・・「コストカット」を断行すべき理由

今回は、管理業務の「コストカット」を断行すべき理由を見ていきます。※本連載は、株式会社アックスコンサルティング代表取締役・広瀬元義氏の著書『社長さん!経理はプロに任まかせなさい!』(あさ出版)の中から一部を抜粋し、ムダをなくす経理管理についてわかりやすく解説します。

経営者は「管理部門=コストアップ部門」と認識すべき

どんな会社にも会社の成長がいったん止まり、売上がまったく伸びない「踊り場」にさしかかる時期があります。

 

売上のグラフは、右肩上がりではなく、ずっと平行線のままです。このような時期が数年続くと、会社の利益はどうなるでしょうか。

 

「売上が一定だから、利益も一定となる」という答えは誤りです。

 

従業員の給料は少しずつアップしていきますし、政府は「ゆるやかなインフレ政策」をとっていますから、材料、外注費も少しずつですが価格が上昇してくるはずです。ですから、「経費が増え、利益が減る」というのが正解です。

 

繰り返しますが、経理をはじめとした管理部門は利益を生み出さない部門です。経営者なら「管理部門は、コストアップ部門」というぐらいの意識をもたなければなりません。管理部門のコストカットができない経営者はリーダーとして失格です。

 

私たちが労働により得た報酬は、そのなかから税金が払われ、国に納められます。役所に勤める官僚は管理部門の人間です。国会議員などもそうでしょう。

 

この管理部門が肥大化しすぎると、ギリシャなどのように国自体が破産してしまいます。国の管理部門のスリム化を手掛けるのは、当事者である官僚や国会議員です。そのためなかなか進みません。

 

一方、中小の会社の経営者は管理部門ではなく、自ら利益を生み出す存在です。管理部門の当事者ではありませんから、そこに障壁はありません。

管理部門スリム化のコツは「思い込みの排除」!?

とはいえ、管理部門のスリム化というと、端から無理だと思う経営者が多いのも事実です。ですが、コツさえ覚えれば簡単です。

 

一番簡単な方法をひとつお教えしましょう。

 

「思い込みを排除する」だけでいいのです。

 

経理部門は、他の部門に比べて「~ねばならない」という言葉がひじょうに多い、部門でもあります。

 

・小口現金の数字がたとえ1円でも合わなかったら何時間かかってでも、原因を見つけ出して確認せ「ねばならない」

・すべての帳簿を管理せ「ねばならない」

・書類はネットではなく、紙で管理せ「ねばならない」

 

この「ねばならない」という思い込みを明らかにして排除していくことが、スリム化の最大のコツとなります。

 

次回以降、順に見ていきましょう。

株式会社アックスコンサルティング 代表取締役

1988年、会計事務所とその関与先の成功を支援するコンサルティング専門会社として創業。会計事務所の経営支援、一般企業の経営支援、資産家の不動産コンサルティングを中心に業務を展開。
2010年、相続・贈与に取り組む専門家のネットワーク「アックス資産税パートナーズ®」を発足、「相続・贈与相談センター®」としてサービスを展開。
2011年、スモールビジネスの成功を支援する会計事務所の全国フランチャイズ「Q-TAX®」を発足。
会計事務所および経営者向けセミナーの講演は年間50 回以上。これまで出版した著書は45冊以上、累計発行部数は48万部を超える。

著者紹介

連載従業員30名以下なら担当は1人で十分!? 「経理業務」改革の進め方

社長さん!  経理はプロに任まかせなさい!

社長さん! 経理はプロに任まかせなさい!

広瀬 元義

あさ出版

「会社のお金の流れ」はよく人間の血液にたとえられます。血液と同様に、お金の流れがとまれば、会社を継続させていくことはできません。 そこで本書は、このような不安定な経営から脱するための方法として、経理部門の仕事を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧