今回は、FX投資で利益確定を確実にする「6つの戦術」を見ていきます。※本連載は、株式アナリストとして知られる秋津学氏の著書、『FX黄金セミナー 時給より「分給」で稼げ!』(毎日新聞出版)の中から一部を抜粋し、FX投資で勝つための実践的な知識とテクニックをご紹介します。

利食いのルールを明確化しておく

<知恵⑥>利益確定を確実にする6つの戦術

 

利食いとは利益を確保することだ。この判断がきちんとできないと、せっかく取れる利益を減らすどころか、まるまるチャンスを逃すことにもなる。利食いを成功させるために、いくつか重要な技法を知っておきたい。

 

①時間軸で利食いのための移動平均線を決めておく

 

たとえば、5分足を使ったスキャルピングで、12本、36本、48本の三重移動平均線を使用しているとすれば、36本線を割ったとき利食いと決めておく。この36本割れで利食いするルールは、実践的にバックテストをして決めておく。あるいは最近の為替地合いでもし24本線が優位性をもつなら、24本線と暫定的に決めておく。あくまで状況次第なわけだ。

 

②陽線や陰線が伸び切ったと見えたとき

 

5分足などのトレンドに従っていて、いきなり異常に価格が伸びたとき、ロングの場合は大陽線、ショートの場合は大陰線が佇立することがある。こうした場合その異常性を感知して、とりあえず、利確し、その後様子を見ながら、次の一手を考えるべきだ。チャンスはすぐにドテンという形で現れることもあるからだ。

「平均足」からトレンド転換を見極める

③ボリンジャーバンドの±2σか±3σを出口とみる

 

ボリンジャーバンドは利確のメドを立てやすい。バンドとして極めてまれな位置である、±2σ~±3σへ到達すれば、機械的に利確するわけだ。

 

④平均足で読む

 

平均足という判断ツールは、トレンド転換に使える。たとえば陰の足が連続する場合、明確に下降トレンドが進行していることがわかる。この足が陽転するとき、これをもって反対売買のチャンスとみるのが、平均足の利確法である。むろん他のシグナルを併用する方が確度は高い。

 

⑤オシレーターを利用する

 

オシレーターのスローストキャは、優れた利確判断を提供する。スローストキャの極高ラインで、ショートポジションを取り、グラフが極低に落ちるまで下落についていき、極低で出口を見つけるやり方だ。この戦術で注意すべきことは、ダイバージェンスを見抜いた上で、さらに下の値段に出口があるかどうかを見極めることである。

 

⑥グランビル法などの売買シグナルが出るとき

 

トレンドが反転するシグナルが出るときまでに、反対売買を行う。

 

[図表]利食い上手のワザ6

あなたにオススメのセミナー

    FX黄金セミナー 時給より「分給」で稼げ!

    FX黄金セミナー 時給より「分給」で稼げ!

    秋津 学

    毎日新聞出版

    FXトレード本をいろいろ読んだけど、儲からなくてあきらめた、少額資金で「億リ人」になる夢がかなわない、自信喪失のトレーダーに交じって、新しい挑戦者も増えているFX市場。着実に儲ける「銭活」「分給」に挑戦をしてみませ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ