髪の毛はどのような構造・成分で構成されているのか?

前回は、「発毛のメカニズム」について説明しました。今回は、髪の毛の大部分を構成する「ケラチン」「シスチン」の概要を見ていきましょう。

「3つの層」から成り立っている髪の毛

髪の毛(毛幹)を輪切りにした構造を見てみると、輪切りにした髪の毛は3つの層からなっています(以下の図表を参照)。

 

一番中心にあるのは「毛髄質(メデュラ)」。これはスカスカの状態の部分で、中に空気を通すことによって頭を熱から守っているともいわれますが、その機能はまだ解明されていません。

 

[図表]毛幹の構造

「毛皮質」を構成するタンパク質、ケラチンとシスチン

毛髄質の外側には「毛皮質(コルテックス)」があります。これは細い繊維状のタンパク質(ケラチン)の束で、この毛皮質が髪の毛の大部分を構成しています。タンパク質の束はケラチン繊維からできており、シスチンというアミノ酸がケラチン繊維のつながりを結ぶことによって、髪の毛は強さとしなやかさを持つのです。

 

そして毛髪の一番外側にあるのが「毛小皮(キューティクル)」です。ヘアケア製品のCMなどでもおなじみのキューティクルは、やはりシスチンが結合した1000分の1㎜ほどの厚さのうろこ状の物質。それが3~10枚も細かく重なって髪の表面を覆い、髪の内部構造を保護する役割をしています。

 

これが毛髪の構造であり、それを構成している大部分がケラチンとシスチンです。

青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

連載薄毛改善の第一歩! 発毛・育毛・薄毛のメカニズムとは

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。 「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧