ダウの高値更新は続くのか? 米国株式相場の行方を探る

昨年11月からの「トランプ相場」以来、減税や積極財政などへの期待から高値が続いてきた米国株式市場。秋の議会審議を前に、各種指標を踏まえて注目すべきポイントを考察していきます。

高値更新相場を支えてきたトランプの積極財政への期待

昨年11月の米国大統領選でトランプ氏の当選が決まって以降、トランプ政権下でインフラ投資や大規模な減税など積極財政政策案が示され、緩やかな成長を続けてきた米国経済の成長率を一段押し上げるのではないかとの期待と、米国企業の順調な業績拡大に支えられ、米国株の強気相場は拡大。ついに先月、8月2日にはダウ工業株30種の終値ベースで史上初めて2万2000ドルを突破した。

 

 

ちなみに、この水準は筆者が年初来、上値めどの値として申し上げてきたところであり、それ自体に驚きは感じていない。S&P500種指数構成企業の第2・四半期の増益率は約6年ぶりに2期連続の2桁増益になる見通しであり、企業業績の伸びが今年の米国株式相場のじり高、高値更新相場を支えてきた。

S&P500予想PERは長期平均を上回り米国株は割高水準

一方で、市場はこのところ8月2日の高値を更新することが出来ずにいる。相場のデータで見ると、上昇銘柄と下落銘柄の比率は芳しくない。また、高値更新中の株高をけん引する月別の上昇銘柄の数は減少に転じている。

 

こうした上昇銘柄の広がりが欠けていること、年初来じりじりと高値更新を続けてきたにも関わらず取引高は一向に増えていないことなどが、株価に上値追いの余地があるのではないかという、市場参加者の疑念を示しているのではないだろうか。

 

実際、S&P500種指数の12カ月先予想で株価収益率(PER)は約18倍に達し、2004年以降で最も高い水準にある。また、PERの長期平均である15倍と比べても上回っている。米国株は、既に割高な水準にあるといわざるを得ない。


昨年11月、弾みのついた上昇相場の起点となった、トランプ氏が掲げたインフラ投資や減税などの政策は、未だ何一つ実現していないのである。ここからの上値追いには、やはり、上述の期待が現実になる必要があると筆者は見ている。

 

この点では、秋の議会審議からは目が離せない。前稿で書いた欧州中央銀行の金融政策変更の議論と並んで、相場のターニングポイントとなる材料であろう。

 

 

国際金融ストラテジスト <在香港> 

シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。その後、2015年には香港でNippon Wealth Limitedを創業。2021年5月には再び独立し、アジアの発展を見据えた富裕層向け金融サービスの開発に取り組んでいる。

世界水準の投資機会や戦略、アジア事情に精通。香港をはじめ、日本やアジア各地での講演も多数。丁寧でわかりやすい解説には定評がある。

京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)

著者紹介

連載香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧