▲トップへ戻る
融資の「全額回収」を進める銀行が取った行動とは?

今回は、銀行管理下に置かれてしまった企業の事例を見ていきます。※本連載では、現場での実務経験豊富な経営コンサルタントである著者が、銀行交渉の成功事例、融資を受けるために知っておきたい銀行の内部事情などを紹介します。

常態化していた、銀行からの資金調達だったが…

その会社は、
メガバンク1行、地方銀行1行、地域信金1行、
の3行から融資を受けていました。
金額が多いのは、地域の信金でした。
売上回収期間が長く、設備投資もあることから、
銀行からの資金調達は常態化していました。
それでも、好況時は、返済原資をねん出できていました。
銀行との付き合い方は、なれ合いのようになっており、
経営者は、その状況がずっと続くと思っていたのです。
銀行にとっても、厳しい交渉など迫ってこないこの会社は、
それなりにうま味のある得意先だったのです。

 

ところが、
政権交代などにより、経営環境が一気に変わりました。
売上高が2割、3割と、瞬く間に減ってゆきました。
売上げが減れば、返済原資の確保は厳しくなります。
当たり前です。
しかしその時点でさえ、
経営者たちは、事の重大さに気づいていなかったのです。

“経営支援アドバイザーが今後のお手伝いをします”

ある日、銀行が態度を変える日がやってきました。
信金の支店長がやってきました。
“御社の決算状況をもとに、財務診断報告書を作成しました。”
と言い、いつになく淡々と、
財務診断報告書の説明をしていったそうです。
“この状況では、リスケをしていただくことになります。
 今後の事は、改めて連絡いたします。”
正直、経営者は、リスケがどういうものなのか、
よく知りませんでした。

 

いわゆる、リスケジュールです。
現状の返済額では資金繰りがたたないとき、
返済残高をもとに、返済期間や条件等を組みなおします。
それにより、銀行は、貸し先会社を経営破たんさせることなく、
融資額の全額回収を見込むわけです。
つまり、その信金は、
このまま倒産して不良債権になったら困る、
ということで、債権回収をソフトランディングさせるべく、
動き出したのです。

 

これまでのなれ合いのような関係は消え去り、
銀行側は極めて事務的な態度に豹変したのです。
支店長の言う通り、改めて連絡が入りました。
“経営支援アドバイザーが、今後のお手伝いをします。”
“わかりました。よろしくお願いいたします。”
お手伝いします、とはいうものの、
このときが、銀行管理に陥った瞬間だったのです。
それはまさに、地獄の一丁目への、入り口だったのです・・・。
 

(続)

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 代表取締役

昭和40年 大阪府生まれ。

平成元年 関西大学卒業後、兵庫県の中堅洋菓子メーカーに入社。経理、総務、人事、生産管理、工程管理、広報など、主たる管理部門で実力を発揮。

平成17年 株式会社アイ・シー・オーコンサルティングに加わり、経営指導業務を開始する。
以降、長年の現場実務経験と、師匠である井上和弘(アイ・シー・オーコンサルティング会長)の《井上式経営術》を武器に、日々、中小企業の黒子としての経営指導に邁進している。

指導実績:財務改善、税務・銀行対策、労務問題改善、経営企画、管理会計、IT・システム化、事業承継など。
また、日本経営合理化協会主催「後継社長塾」(塾長:井上和弘)、に塾長補佐として参加し、後継社長の育成にも尽力している。

著者紹介

連載経営者必読!融資を勝ち取る銀行交渉術

本連載は、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングの代表取締役・古山喜章氏のブログ『ICO 経営道場』から抜粋・再編集したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。ブログはこちらから⇒http://icoconsul.cocolog-nifty.com/blog/

 

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

古山 喜章,井上 和弘

東峰書房

数字が苦手な人にこそ読んで欲しい!本書では、会社経営にまつわる数字を読み解き財務力をアップさせる方法を解説します。数字が苦手だからこそとことんわかりやすく理解する方法を見出した筆者。そのノウハウをお伝えし、経営…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧