年齢とともに変化する「家計支出」の目安とは?

本連載は、株式会社マイエフピー代表取締役、家計再生コンサルタント/ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏監修のムック、『いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書』(インプレス)から一部を抜粋し、30代から50代のよくある家族構成で、一般的な世帯収入の家庭をモデルに取り上げながら、貯蓄額をアップするポイントを解説します。

「今より5〜10年後」の家計も考えてみる

何にいくら使っていいのかをハッキリさせることは、強い家計作りにとても重要なことです。では、家計支出の目安はどのように考えればいいのでしょうか?

 

『いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書』のPart1のP14では、その一例を紹介していますが、家族構成や収入、年齢など諸条件によって最適な家計のかたちは変わります。手取り月収30万円の家庭と60万円の家庭では、同じ3万円でも家計の重みが違うからです。また老後の資金計画を考えると、年齢によって理想のお金の使い方も変わってきます。

 

そこで、本連載ではできるだけ多くの人の参考になるように、さまざまな条件で分類して、そのままマネできるように多様な家計モデルを紹介していきます。モデルといっても、実際に私の相談者の家計データをもとに「どこを削ってどこを足したか」がわかるリアルな数字なので、家族構成や収入の条件がおよそ同じならこれ以上ないお手本になると思います。また理想の家計だけでなく、改善前の家計も掲載しているのであわせて参考にしてください。

 

そしてもうひとつ、今後の資金計画をさらに効率的にするためにも、「今より5〜10年後」の家計ものぞいて見てください。たとえば現在30代で正社員夫婦のDINKSの家庭なら、子どもが1人できた場合を想定して、本書籍に掲載した3人家族のデータも簡単にチェックしてみましょう(CASE5、CASE6)。収入は完全に一致しなくても、「子どもが1人できるとこれくらいの家計収支になるのか」と事前に把握しておくことは、今後の家計設計に必ずプラスになるからです。将来の資金計画はなるべく早めに準備しておきましょう。

 

ここ20年で大きく減少している賃金水準

一時期と比べるとやや回復したとはいえ、賃金水準はここ20年で大きく減少しています。少子高齢化などの背景となる事情を踏まえると、昔のように年功序列で誰もが大きな賃金上昇が期待できるとは考えにくいです。

 

[図表]大きな賃金上昇は望み薄

※国税庁「民間給与実態統計調査結果」より
※国税庁「民間給与実態統計調査結果」より

 

そこで、将来の支出に備えるためにも、家族構成によって「増えていく費目」と、逆に「減っていく費目」について、まずはざっくりとチェックしておきましょう。

 

変動が大きい子どもがいる家庭のデータとなりますが、以下、年齢とともに変化する費目についてまとめてみました。これもぜひご参考に。

 

[図表]家計に占める支出の割合は年齢で変わる

 

 

本連載は、2017年7月3日刊行のムック、『いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書 』(インプレス)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載年齢別・家族構成別…人気FPが指南する「家計改善」術

株式会社マイエフピー 代表取締役
家計再生コンサルタント
ファイナンシャルプランナー 

北海道出身。お金の使い方そのものを改善する、独自の家計再生プログラムで、これまで10,000人以上の赤字家計を再生した敏腕FP。マンツーマンで行う家計面談のかたわら、書籍・雑誌への執筆、メディア出演や講演も多数。最近は、日本経済新聞の電子版「もうかる家計のつくり方」が好評。家に帰ればかわいい盛りの1男5女の父。
著書に、累計95万部を超えるベストセラーとなった「年収200万円からの貯金生活宣言」シリーズ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、各メディアで紹介され、たちまち累計50万部を突破した『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)、『NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ―不安がなくなる貯金の極意』(新潮社)、『消浪投貯金術』(主婦と生活社)、『お金が貯まる人の思考法―年収の半分を3年で貯める「16.7の法則」』(講談社)、『わが子をお金で苦労させない』(廣済堂出版)、『子どもにお金をかけるのは、やめなさい』(すばる舎)、『「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金』(祥伝社)、『図解でわかる お金が貯まる住宅ローンの返し方』(エクスナレッジ)、『「お金が貯まらない!」が治る本』(PHP文庫)などがあり、雑誌、新聞、TV、ラジオで活躍中。

著者紹介

いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書

いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書

横山 光昭 監修

インプレス

50万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』をはじめ、多数の家計再生、投資関連本を執筆し、累計224万部になる庶民派FPの横山光昭氏が全面監修! ローンの返済、子どもの学…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧