FXで利益を出すためには、まず相場が動く理由を知ること、そして「いつ」「どのくらい」動くかを予想することが重要です。本連載では、バーニャ マーケット フォーカスト代表の水上紀行氏の著書『超入門 24時間まかせて稼ぐFX戦略投資』(扶桑社)の中から一部を抜粋し、FXで利益を出すための基礎知識を分かりやすく解説します。

世界全体が米国経済を中心に回っている

FXの主要3大通貨といわれるのは米ドル、日本円、ユーロです。

 

米ドルは基軸通貨と呼ばれ、世界全体が米国経済を中心に回っていることもあり、米国の景気に非常に素直に反応します。米国経済がよい方向に向かっていればドル高、悪い方向に向かっていればドル安が基本的な値動きです。そのため、日々、発表される米国の経済指標には世界中の投資家の注目が集まります。また、「有事のドル」という言葉もあるように、戦争やテロ、金融恐慌などが起こると上昇する傾向もあります。

日本円は「避難通貨」「安全通貨」

一方、日本円と日本経済には、円安になると国内が好景気になり、円高になると不景気になる、という関係性があります。米国をはじめ世界経済が好調のときは低金利の日本円を売って高金利通貨に投資する「キャリートレード」という取引が流行し、円安が加速します。逆に世界経済に不透明感が広がり、リスクオフが進むと円高トレンドになる傾向も非常に顕著で、日本円は「避難通貨」「安全通貨」と呼ばれています。

 

米ドルに次いで世界2位の取引高を誇るユーロは、2016年に決定した英国のEU離脱などEU自体が崩壊危機にあるため、最近は低迷が続いています。ただ、いまだに多くの欧州諸国が使用する世界唯一の共通地域通貨ということもあり、世界通貨の覇権を米国ドルと争っている存在です。そのため、世界経済が好調で投資環境がリスクオンになると値上がりし、逆にリスクオフになって安全志向が強まると値下がりする傾向があります。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2017年3月31日刊行の書籍『超入門 24時間まかせて稼ぐFX戦略投資』から抜粋したものです。稀にその後の税制、法改正等、最新の内容には一部対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    超入門 24時間まかせて稼ぐ FX戦略投資

    超入門 24時間まかせて稼ぐ FX戦略投資

    水上 紀行

    扶桑社

    FXで利益を出すうえで重要なことは何か──。その答えは難しいことはしないこと。自分にもできる簡単な方法でトレードを続けることが、着実に利益を積み重ねるためのもっとも簡単な方法なのだ。 本書は、インターバンクディー…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ