書籍詳細

『資産形成も防衛も やはり金だ』

資産形成も防衛も やはり金だ

増田 悦佐

出版社名:ワック株式会社

発行年月:2021年2月

実体経済を反映しない金融緩和の世界的バブルはやがて崩壊する!
今後6~7年は資産防衛に徹せよ!

コロナ禍で実体経済が停滞、低迷しているのに、世界中で株価は高騰し続けている。これは各国が金融緩和、財政出動を競っている状況だからだ。

しかし、ワクチン等でコロナ禍が落ち着けば、緊縮財政に向かわざるを得ず、株価暴落は必然で、それは時間の問題だ。

その時、大損害を受けないために、金を現物で持つことも考えるべきだ。



いま、資産形成の達人は必ず「金」を考える!

・金だけが永遠の輝きを放つ

・ダイヤモンドは燃えたら炭になる

・実は株は長期投資に向かない

・金はめったに行方不明にならない

・金の買い時、売り時とは

・ビットコインの出現は金融市場の大事件だ

守りの資産戦略では何を重視すべきか


経済アナリスト
文明評論家

1949年東京都生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修了後、ジョンズ・ホプキンス大学大学院で歴史学・経済学の修士号取得、博士課程単位修得退学。
ニューヨーク州立大学バッファロー校助教授を経て帰国。HSBC証券、JPモルガン等の外資系証券会社で建設・住宅・不動産担当アナリストなどを務めたのち、株式会社ジパングにてエコノミスト・アナリストを兼任。
主著に『クルマ社会・七つの大罪』、『奇跡の日本史──花づな列島の恵みを言祝ぐ』、(ともにPHP研究所)、『戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本』、『日本人が知らないトランプ後の世界を本当に動かす人たち』(ともに徳間書店)、『いま、日本が直視すべきアメリカの巨大な病』(WAC)、『新型コロナウイルスは世界をどう変えたか』、『投資はするな! なぜ2027年まで大不況はつづくのか』(ともにビジネス社)、『米中貿易戦争アメリカの真の狙いは日本』(コスミック出版)などがある。ブログ『読みたいから書き、書きたいから調べるーー増田悦佐の珍事・奇書探訪』を主宰している。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧