ウイスキーが「貨幣」として扱われていた…今聞くと怖い理由 (写真はイメージです/PIXTA)

人類の歴史では貝殻やウイスキー、金など、さまざまなものが貨幣として使われてきました。経済アナリストの増田悦佐氏の著書『資産形成も防衛も やはり金だ』(ワック株式会社)より、一部を抜粋・編集して解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「おカネ」の3つの機能…いろいろなものの貨幣の歴史

昔から、おカネには3つの主な機能があると言われてきました。順番にご紹介していきましょう。

 

1つ目は交換の媒介となることです。すべてのものを物々交換していた時代には、交換は大変な作業だったでしょう。自分が持っているものをほしがっている人が、たまたま自分がほしがっているものを持っていたという巡り会いは、なかなか起きるものではありません。

 

おまけに、お互いに相手が持っているものをほしいという場合でさえ、自分の持っているものいくつと相手の持っているものいくつを交換すれば、ほぼ公平な条件で交換したことになるのか、見当もつかないというケースが多いでしょう。

 

でも、だれもが自分が持っているものを売ってまずおカネを手に入れて、そのおカネで他人の持っているものを買うことにすれば、ずいぶん楽になります。

 

だれもが自分では使わない持ちものをまずおカネに交換して、そのおカネでほしいものを買うことにすれば、お互いに相手の持っているものをほしがっているという幸運な巡り会いがなくても、取引が成立します。

 

2つ目は価値の尺度となることです。どんなものでも、おカネをいくら出せばどのくらいの量が手に入るかがわかれば、ダイヤモンドと炭団(たどん)、絹織物とたわしのように、性質や使い途が極端に違うものでも、値段がいくらかということで、価値を比べやすくなります。

 

同じアップルの名前がついていても、りんご1個とアップル社製の携帯電話機1台では携帯のほうがずっと高いというだけではなくて、何百倍、何千倍高いのかが具体的にわかるということです。

 

3つ目は価値を蓄蔵する手段となることです。いますぐ使うわけではない財産を持っている場合、どんなもので持てば都合がいいでしょうか。だれでもいつでもほしがるもので、消えてなくなることも、価値が目減りすることも、腐ることもないもので持っているのが、いちばん都合がいいでしょう。

 

そう考えると、何を買うにも使えるおカネを持っていることがとても好都合だということになります。それでは、そのおカネはいったいどんなものでできていると、上にご紹介した3つの機能をうまく果たせるでしょうか。

 

1つ目の交換手段としては、あまりどこにでも転がっているようなものではないけれども、手軽に人から人に渡せるものならなんでもいいように思えます。実際に、いろいろなものが貨幣として使われてきました。

 

丈夫で割れることの少ない貝殻とか、塩のかたまりとか、小動物の毛皮とか。もちろん、少し文明が発展してくると金、銀、銅などの金属が使われました。

 

金属は、目方に応じていくらというかたち(秤量(ひょうりょう)貨幣と言います)でも、コインに鋳造してそこに押した刻印が価値を示す(打刻貨幣と言います)かたちでも、あちこちで使われてきました。

 

ちょっと変わったところでは、独立戦争直前ごろから南北戦争当時までのアメリカ、とくにペンシルヴェニア州、ケンタッキー州、テネシー州ではウイスキーが貨幣として通用していました。

 

あらゆるものを、ウイスキーのグラス1杯とか、1ビンとか、1ダースとかと交換していたわけです。上手に保存すれば歳月を重ねるにつれておいしくなるけど、保存状態が悪いと酢になってしまうワインと違って、比較的長い年月同じような品質を保つウイスキーは、何百、何千という銀行がそれぞれ自前の紙幣を発行していて、信用度に極端な違いのあったドル札より、信頼の置ける交換手段だったのでしょう。

 

ただ、同じようにウイスキーとして流通していても、味は造り手によってずいぶん違うはずです。おいしいウイスキーは自分で呑んでしまい、自分では呑みたくないまずいウイスキーだけが流通するという、典型的な「悪貨は良貨を駆逐する」状態になっていたのではないでしょうか。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

経済アナリスト
文明評論家

1949年東京都生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修了後、ジョンズ・ホプキンス大学大学院で歴史学・経済学の修士号取得、博士課程単位修得退学。
ニューヨーク州立大学バッファロー校助教授を経て帰国。HSBC証券、JPモルガン等の外資系証券会社で建設・住宅・不動産担当アナリストなどを務めたのち、株式会社ジパングにてエコノミスト・アナリストを兼任。
主著に『クルマ社会・七つの大罪』、『奇跡の日本史──花づな列島の恵みを言祝ぐ』、(ともにPHP研究所)、『戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本』、『日本人が知らないトランプ後の世界を本当に動かす人たち』(ともに徳間書店)、『いま、日本が直視すべきアメリカの巨大な病』(WAC)、『新型コロナウイルスは世界をどう変えたか』、『投資はするな! なぜ2027年まで大不況はつづくのか』(ともにビジネス社)、『米中貿易戦争アメリカの真の狙いは日本』(コスミック出版)などがある。ブログ『読みたいから書き、書きたいから調べるーー増田悦佐の珍事・奇書探訪』を主宰している。

著者紹介

連載資産形成・資産防衛のための「金」

資産形成も防衛も やはり金だ

資産形成も防衛も やはり金だ

増田 悦佐

ワック株式会社

実体経済を反映しない金融緩和の世界的バブルはやがて崩壊する! 今後6~7年は資産防衛に徹せよ! コロナ禍で実体経済が停滞、低迷しているのに、世界中で株価は高騰し続けている。これは各国が金融緩和、財政出動を競って…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧