著者紹介

佐野 彰彦

株式会社smallweb/株式会社それからデザイン

代表取締役

事業家・デザイナー。株式会社smallweb代表取締役、株式会社それからデザイン代表取締役。「ビジネスとデザインの統合」をテーマに活動。音楽系企業にて新規事業開発を担当した後、デザイン業界へ転身。WEB領域に強いデザイナーとしてキャリアを積み重ねる。モノの見せ方や伝え方だけを担当するデザイナーの関わり方について疑問を感じ、企業や商品のブランド開発、コンサルティングを主軸にするようになる。また、自らも事業家として、WEBサービス開発、コワーキングスペースなどを手掛ける。IT分野を得意とするデザイナーであり、事業家でもあるという経験から、現在は地域ブランディングの依頼も増えている。著書に『経営者のためのウェブブランディングの教科書』『ウェブ担当者1年目の教科書』(共に幻冬舎メディアコンサルティング)。2015年、2016年グッドデザイン賞受賞。

書籍

経営者のためのウェブブランディングの教科書 新装改訂版

『経営者のためのウェブブランディングの教科書 新装改訂版』

佐野 彰彦

企業イメージを上げる、新規顧客を増やす、人材・組織を強化する―― ウェブサイトで中小・ベンチャー企業の力を120%発揮する方法 コンテンツ作成、CMS導入、SNS連携…… 選ばれる会社になるためのポイントを大幅改訂! モノやサービスの同質化・成熟化が進み、プロダクト価値やイメージ価値だけでは差別化が困難になっている今、企業が生き残っていくためには顧客や取引先、求職者などあらゆるステークホルダーから“選ばれる存在”になる必要があります。 ウェブという土俵なら、企業規模によらず力強いブランディングを行うことが可能です。ウェブを活用することで、どんなに小さい会社でも、大手企業がマスメディアを使って行うブランディングに匹敵するどころか、それ以上の価値があるブランディングを実践できます。 ただし、正しい活用方法を把握せず、むやみにウェブサイトをリニューアルしたり、SNSを使用したりしても効果は上がらず、コストや時間を浪費するだけになってしまいます。確実にウェブでブランディングを行うには、自社におけるウェブサイトの目的を再認識し、適切に活用して企業の魅力を丁寧に伝えていくことが必要なのです。 そこで本書では、ウェブ制作を熟知したコンサルタント兼デザイナーとして大手企業、中小企業、スモールビジネスまでさまざまな規模のウェブブランディングを手掛けてきた著者が、ウェブデザインのルールからサイト内のコンテンツの企画や運営方法、またSNSとの効果的な連携方法、さらには制作会社の選び方まで徹底的に解説していきます。経営者はもちろんのこと、広報・人事担当者にとっても読みやすく分かりやすくなるように、ITやウェブの専門用語はなるべく使わずにまとめています。 自社を“選ばれる企業”にしたい中小企業経営者必読の一冊です。

書籍紹介

掲載記事

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ