[連載]司法書士・行政書士・民事信託士が教える「遺言書の書き方」と「生前の財産管理」

本連載は、認定司法書士、行政書士、民事信託士として活躍する渡邉善忠氏の著書、『最強の遺言 相続・遺言まるわかりセミナー』(キーステージ21)から一部を抜粋し、遺言書の書き方や生前の財産管理について、わかりやすく解説します。

本連載の著者紹介

認定司法書士、行政書士、民事信託士
司法書士法人渡辺総合事務所 代表社員
渡辺行政書士事務所 代表
株式会社京都未来創造研究所 取締役 

1971年生まれ。
2003年渡辺司法書士事務所開業、07年渡辺行政書士事務所開業。
14年司法書士部門を法人化。
相続問題を筆頭に過去の相談実績は2000件以上に及ぶ。
公益社団法人成年後見リーガルサポート正社員、一般社団法人民事信託士協会認定民事信託士(第1期)、全国相続協会相続支援センター京都支部会員。
相続問題のプロフェッショナルとして活躍している。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧