▲トップへ戻る
無駄な相続争いを防止する「遺言書」の活用法

今回は、無駄な相続争いを防止する「遺言書」の活用法について見ていきます。※本連載は、認定司法書士、行政書士、民事信託士として活躍する渡邉善忠氏の著書、『最強の遺言 相続・遺言まるわかりセミナー』(キーステージ21)から一部を抜粋し、「遺言書」や生前の財産管理について、わかりやすく解説します

遺言書は故人からの「最後のメッセージ」

遺言書があれば話し合いは不要になります。また親の最後のメッセージは無視できないものです。遺言書は、多かれ少なかれそれぞれの想いをもって残すもの。遺言書を残す際には、単に財産の行方を指定するだけでなく、その「想い」も合わせて残しておくほうが、相続人としても納得がいくというものです。本書『最強の遺言 相続・遺言まるわかりセミナー』第1章でお伝えした、「付言」にあたる部分です。

 

「想いを残す」といっても、難しく考える必要はありません。「生前よくしてもらった感謝の気持ち」や「兄弟・姉妹で仲よくしてほしい気持ち」、「世の中に対して、こういうことを考えています」というものでよいのです。自分の想いをしっかりと残す遺言こそが、故人から残された方への、最後のメッセージだということもできます。常識的な感覚のある方であれば、それを無碍にすることはできないのではないでしょうか。

遺言書を相続人全員の前で公開し、争いを未然に防ぐ

またあらかじめ遺言書をつくっておき、それを事前にみんなの前で公開するというのも一つの方法です。亡くなる方としては、残される人に争ってほしいと思う人はいないと思います。亡くなったあとにいろいろな人が出てきてあれこれいう位であれば、最後の意志として「自分はこうこうこういう想いから、こうしたい」と伝えることで無駄な争いが防げるのであれば、それも遺言の有効な使い方の一つです。

認定司法書士、行政書士、民事信託士
司法書士法人渡辺総合事務所 代表社員
渡辺行政書士事務所 代表
株式会社京都未来創造研究所 取締役 

1971年生まれ。
2003年渡辺司法書士事務所開業、07年渡辺行政書士事務所開業。
14年司法書士部門を法人化。
相続問題を筆頭に過去の相談実績は2000件以上に及ぶ。
公益社団法人成年後見リーガルサポート正社員、一般社団法人民事信託士協会認定民事信託士(第1期)、全国相続協会相続支援センター京都支部会員。
相続問題のプロフェッショナルとして活躍している。

著者紹介

連載司法書士・行政書士・民事信託士が教える「遺言書の書き方」と「生前の財産管理」

本連載は、2018年3月1日刊行の書籍『最強の遺言 相続・遺言まるわかりセミナー』(キーステージ21)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

最強の遺言 相続・遺言まるわかりセミナー

最強の遺言 相続・遺言まるわかりセミナー

渡邉 善忠

キーステージ21

「相続において、遺言は最強です!」 司法書士の著者が、具体的な事例を通してトラブル対策や相続の基本のキをお教えします。 将来トラブルにならないために、用意できる、「最強の遺言」とは何か? 残りの人生を明るく生きる…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧