[連載]「実際」から「理論」の流れで学ぶ金融経済の基礎

本連載は、金融審議会会長などを歴任、現在はアジア開発銀行研究所・所長などを務める吉野直行氏と日本金融学会前理事などを務める経済学博士の山上秀文氏の共著書、『金融経済 第3版 実際と理論』(慶應義塾大学出版会)の中から一部を抜粋し、関連分野に触れながら「金融経済」の実際を解説していきます。

本連載の著者紹介

アジア開発銀行研究所・所長
慶応義塾大学名誉教授 

1950年生まれ。1973年東北大学経済学部卒、75年大学院修士。
1979年米国ジョンズ・ホプキンス大学経済学博士(PhD)、ニューヨーク州立大学経済学部助教授、1990年‐2014年慶應義塾大学経済学部教授、日本銀行金融研究所Visiting Scholar、財政制度審議会財投分科会部会長、外国為替審議会(会長)、金融庁金融研究センター長、金融審議会会長、スウェーデンGoteborg大学名誉博士、ドイツMartin Luther University-Halle Wittenberg大学名誉博士、
慶応大学経済研究所所長、福澤賞受賞。
現在、アジア開発銀行研究所所長(ADBI)、慶應義塾大学名誉教授、金融庁金融研究センター顧問、日本FP学会会長。

著者紹介

博士(経済学)
近畿大学世界経済研究所・客員教授 

1949年 石川県生まれ。
1972年 東京大学経済学部卒 株式会社東京銀行入行
1977年 カリフォルニア大学バークレー校経営学大学院修了(MBA)
東京銀行信託会社(ニューヨーク)VP、英国東京銀行(ロンドン)副社長、
東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)調査部長などを歴任し、2004年近畿大学経済学部教授、2008年神戸大学学位取得 博士(経済学)。
現在、近畿大学世界経済研究所客員教授、慶應義塾大学通信教育部講師、
国際通貨研究所客員研究員、日本金融学会前理事。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧