[連載]預金封鎖――日本人が知っておくべき最悪のシナリオ

インフレ2%目標を掲げ、莫大な日銀札を刷り、膨大な額の日本国債を買いあげ、公的年金基金を使って株式市場に投入している日本――。このまま突き進んだとき、われわれの未来は一体どうなってしまうのか? 本連載は、元通産省官僚で、現在は国際弁護士として活躍する石角完爾氏が想定した「最悪のシナリオ」を通じ、日本の危機的状況を考察します。

本連載の著者紹介

千代田国際経営法律事務所 代表弁護士

京都大学在学中に国家公務員上級試験、司法試験に合格。同大学を主席で卒業後、通商産業省(現・経済産業省)を経て弁護士に。ハーバード大学ロースクール修士号取得、ペンシルバニア大学証券法修士課程終了。1978 年ハーバード大学法学校博士課程合格。ニューヨーク、ウォールストリートの法律事務所シャーマン・アンド・スターリングを経て、現在、東京の千代田国際経営法律事務所所長、代表弁護士。ベルリンのレイドン・イシズミ法律事務所代表。国際弁護士としてアメリカ、ヨーロッパを中心にM&Aのサポートなどで数多くの実績がある。
2007 年、難関の試験を経てユダヤ教に改宗し、ユダヤ人となる。
米国認定教育コンサルタント。ヨーロッパ在住。
著書に『ユダヤ式WHY思考法』(日本能率協会マネジメントセンター)、『ファイナル・カウントダウン』(KADOKAWA)、『日本人の知らないユダヤ人』(小学館)、『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』(集英社)などがある。

【著者エージェント】
アップルシード・エージェンシー
http://www.appleseed.co.jp/

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧