[連載]こんな家は要注意!買ってはいけない「不健康になる住宅」の見分け方

ハウスダストによるアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、ヒートショックによる心筋梗塞や脳梗塞…。近年、住まいが私たちの健康に与える影響が大きな問題になっている。住宅メーカーは競うように「健康住宅」と称した建物の提案を行っているが、中には施工業者の知識不足等により、かえって健康を損ねるケースもあるという。本記事では、書籍『“健康住宅”のウソ・ホント』より一部を抜粋し、本当に「健康的な暮らし」を手に入れるための家づくりのノウハウを紹介する。

本連載の著者紹介

丸七ホーム株式会社 代表取締役

1949年、岐阜県加茂郡白川町生まれ、名城大学法学部卒業。1977年、丸七建設株式会社に入社。1986年、ドイツ教会の新築工事を請け負ったことがきっかけで訪独し、ドイツ建築の高気密・高断熱住宅の優れた機能性に強い衝撃を受ける。以降、何度もドイツを訪れながらドイツ住宅建築の技術習得・研究に尽力する。1988年、社名丸七ホーム株式会社に変更。1997年、代表取締役に就任。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧