「薄毛が進行している」と感じたらどうするべきか?

今回は、「白髪の人は薄毛にならない」という説が迷信である理由を説明しました。今回は、「薄毛が進行している」と思ったら取るべき行動について見ていきます。

何も対策を打たなければ、薄毛は進行するのみだが…

「薄毛は〝運命〟ではありません」

 

薄毛を自覚したとき、それを「遺伝だ」「運命だ」「加齢による定め」とあきらめてしまうのでなく、それを改善する努力をするべきです。

 

この連載を読んでくださっているあなたも、すでに薄毛を自覚しているか、なんとなくその兆候を感じているのではないでしょうか。

 

薄毛を自覚した時点で、すでに薄毛は進行しています。日頃から生活習慣に気を配ることは大切ですし、まったく薄毛でない人が正しい知識を得て生活習慣を見直すことは将来的な薄毛の予防になります。

 

しかし、残念ながら、薄毛に気づいた人があわてて食事など生活習慣を修正したとしても、もはや手遅れです。目に見えて髪が増えるほどの改善はほとんど見込めません。そのような場合、何も対策を打たなければ、さらに薄毛は進行するのみです。

薄毛が気になり始めたら、すぐに医療機関へ

もしも「最近、抜け毛が多くなった」と気づいたら、それが薄毛の合図です。その時点ですぐ改善に乗り出しましょう。薄毛治療はとにかく早いほうがいいのです。

 

特に年齢が若い人などは治療をしていて、びっくりするほど効果が出る人もいます。私自身も、自分でも驚くほど薄毛を改善し、髪を復活させることができました。それも早いうちに治療をしたのがよかったと心から思っています。

 

逆に、いよいよ薄毛が深刻となり、私のクリニックへ駆け込んでくる患者様も少なくありません。そういう方の髪の状態を見ると、「あと少なくとも5年早く来てほしかった!」と思うことがよくあります。

 

たとえば、薄毛が進むと、〝瘢痕化〟という状態になってしまうことがあります。これは細胞分裂をして毛髪を形成する毛母細胞が死滅し、頭皮がやけどのようなつるつるの状態になってしまうことをいいます。こうなると、もう髪は復活できません。

 

薄毛が気になり始めたら、迷わずすぐに医療機関を訪ねるべきです。生活習慣の見直し程度や、巷の薄毛ビジネスなどでは薄毛の悩みは解消できませんが、医療の力ならば多くの場合、改善することができます。それを一刻も早く始めることが最も重要なことなのです。

青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

連載女性の薄毛問題・・・間違った対策とは?

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。 「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ