貧血、タバコ、紫外線…薄毛とどんな関係があるのか?

前回は、薄毛を防ぐための、食べ物と生活習慣について説明しました。今回は、貧血、タバコ、紫外線などについて、薄毛とどんな関係があるのかを見ていきます。

「貧血」が薄毛につながる!?

女性に多い健康の悩みのひとつに貧血があります。貧血は、医学的には血液中のヘモグロビン濃度、赤血球数などが減少していることを指します。

 

まず、血液中の赤血球が減ると、酸素運搬機能が低下するため代謝効率が悪くなり、結果的に、細胞の成長が鈍化します。毛根では髪の成長が鈍化して、結果的に薄毛になる可能性があります。

 

ただ、薄毛にも悩んでいる貧血患者の貧血を治療しても、薄毛のほうは改善しないという事実もあり、貧血そのものが脱毛症を起こしているかどうかは、定かではありません。そもそも貧血の人はタンパク質やビタミンなどの栄養不足であることが多いため、それが薄毛に影響しているとも考えられます。その点も注意が必要です。

薄毛に悩むなら「タバコ」は厳禁

ところで、タバコやお酒などの嗜好品は薄毛に影響するのかどうかも、気になるところです。

 

まず、タバコは髪の毛によくないと断言できます。喫煙は末梢血管を中心に血管を細くし、血流を低下させます。血流の断絶は細胞の死につながるため、頭皮の細胞にもよい影響はありません。また、喫煙によって女性ホルモンのエストロゲンの産生抑制も起こってしまいます。

 

さらに、タバコは活性酸素を生み出して、毛根を包む組織である毛包での微小な炎症を引き起こすうえ、タバコそのものに含まれている毒素が毛包の細胞を直接攻撃することもわかっています。このように、タバコの薄毛への悪影響は大。薄毛が気になるならば、喫煙の習慣はすっぱりとやめるべきです。

 

一方、適度なお酒は、逆に血管を拡張させる作用があるので、髪にとってはよいと言えます。特に、赤ワインはよいかもしれません。赤ワインなどに含まれるポリフェノールには、薄毛の原因とされ、加齢とともに蓄積する活性酸素を、体内から取り除いてくれる作用があるからです。

 

同じ理由で、大豆イソフラボンは活性酸素に対して強力な抗酸化作用を持ち、また後述するように女性ホルモンに似た働きをする、髪によいものです。

帽子や日傘による「紫外線対策」も有効

ところで、「紫外線は髪に悪い」と考え、日頃から帽子や日傘を使っている女性も多いようです。

 

確かに、皮膚の表皮を形成する角化細胞(ケラチノサイト)自体が紫外線に反応すると、活性酸素を出す危険性があります。その結果、ケラチノサイトに近接している毛包を含めて周囲全体で炎症と繊維化が起こり、脱毛症を引き起こすのではないかと推察されているのです。

 

それを考えると、外出時の帽子や日傘などで、なるべく紫外線から髪を守るようにするのは有効な手段だといえます。

青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

連載女性の薄毛問題・・・間違った対策とは?

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。 「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧