岩石であるヒスイ――ジェダイト(ひすい輝石)と評価される基準

今回は、岩石であるヒスイが、「ジェダイト(ひすい輝石)」と評価される基準は何かを見ていきます。※本連載は、日本彩珠宝石研究所の所長で、独自にコレクション収集も行う飯田孝一氏による著書、『翡翠 (飯田孝一 宝石のほんシリーズvol.2)』(亥辰舎)より一部を抜粋し、日本の国石である「翡翠」にまつわる様々な基礎知識をご紹介します。

純粋なジェダイトは色をもたない

ヒスイは岩石である事から石の内容は一様ではない。したがって、それをひすい輝石(ジェダイト)と評価するには、その為の基準というものが必要となる。

 

1個体のほとんど(90%以上)がジェダイトから成っている事が理想だが、『ジェダイト(ひすい輝石)NaAl[Si2O6]』は組成上で『エジリンAegirine(錐輝石)NaFe3+[Si2O6]』とほぼ連続しているので、一般式はNa(Al,Fe3+)[Si2O6]ということになる。さらにジェダイトには固溶体が存在するので、他の輝石の成分が入ってくる事もある。

 

ヒスイの色にもっとも大きく影響を与えるのは、『コスモクロア Kosmochlor(コスモクロア輝石)NaCr[Si2O6]』であるが、『オンファサイト Omphacite(オンファス輝石)NaCa(Mg,Fe3+)Al[Si2O6]2』も最大限にその色に影響する。

 

純粋なジェダイト(理想化学組成に近いもの)は色をもたないので無色(白色)だが、それから構成されるヒスイにはそれらの輝石の成分が混入する。コスモクロアのCrはヒスイの塊に鮮やかなグリーンの色を与え、オンファサイトのFe3+の混入はヒスイにくすんだグリーンの色を与える。

 

 

したがってその固溶の成分がAl>Crの場合にはその結晶をジェダイトと呼ぶが、Al<Crとなった場合にはコスモクロアと呼ぶ事になる。

 

鉄分の固溶も考えなくてはならない。鉄分が20%以下ならジェダイト、20%以上になり80%以下の範囲であるならばオンファサイトと解釈する。

 

通常、不透明な石でない限りはジェダイトと評価される

しかしその境界は化学分析を行わなくては正確に区分できないので、通常範囲の鑑別ではかなり濃緑色の不透明な石でない限りはジェダイトとしている。

 

さらにCaもひすい輝石と固溶体を形成するから、その場合にはCaが20%以下ならジェダイト、20%以上になり80%以下の範囲であるならば『ダイオプサイド Diopside(透輝石)CaMg[Si2O6]』と考える。

 

つまり、ヒスイは100%ジェダイトの集合だけから出来ているわけではないから、ジェダイト粒子の体積が100%に近いものほど良質なヒスイという事になる。しかし最近の研究で、ほとんどの品質のジェダイトにオンファサイトが大小の分量で混在していることが解ってきた。これが我々鑑別家が古くから行ってきた分光分析での「ジェード・ライン(437.5nm)」の検出である。

日本彩珠宝石研究所 所長

日本彩珠宝石研究所所長。1950年生まれ。1971年今吉隆治に参画「日本彩珠研究所」の設立に寄与。日本産宝石鉱物や飾り石の世界への普及を行う。この間、宝石の放射線着色や加熱による色の改良、オパールの合成、真珠の養殖などの研究を行う。
1985年宝石製造業、鑑別機関に勤務後「日本彩珠宝石研究所」を設立。崎川範行、田賀井秀夫が参画。新しいタイプの宝石の鑑別機関として始動。2001年日本の宝石文化を後世に伝える宝石宝飾資料館を作ることを最終目的とし、「宝飾文化を造る会」を設立。現在同会会長。2006年天然石検定協議会の会長に就任。
終始“宝石は品質をみて取り扱うことを重視すべき"を一貫のテーマとした教育を行い、“収集と分類は宝飾の文化を考える最大の資料なり"として収集した飯田コレクションを、現在同研究所の小資料館に収蔵。

著者紹介

連載日本の国石「翡翠」の基礎知識

翡翠 (飯田孝一 宝石のほんシリーズvol.2)

翡翠 (飯田孝一 宝石のほんシリーズvol.2)

飯田 孝一

亥辰舎

2016年に日本の国石として決定された「翡翠」。本書では、ヒスイの伝説や歴史、産出される形態、類似の石の一覧や、簡単な鑑別方法から専門法までご紹介します。翡翠について興味のある方や、宝石人必携の書です!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧