ソフトバンク、ルフトハンザ等の例に見る事業モデル

前回は、俺のフレンチ、ジレットを例とする事業モデルを取り上げました。今回は、ソフトバンク、ルフトハンザを例とした事業モデルを解説します。

「契約から数ヶ月は無料でサービス提供」という集客法

前回の続きです。

 

⑨フリーモデルは、一部の価値提供を無償化して集客力を高め、周辺の有償部分で儲けるビジネスモデルです。ソフトバンクなどの携帯電話会社が様々なサービスを契約から数ヶ月間、無料で提供し集客しているのはフリーモデルの具体例といえます。

 

また、国内外のIT企業ではこのビジネスモデルの一種である「フリーミアム」が盛んに活用されています。フリーミアム(Freemium)は、無料を意味する「フリー(Free)」と割増しを意味する「プレミアム(Premium)」を組み合わせた造語であり、製品・サービスの基本機能は無料で提供し、より高度な機能や特別な機能はオプション機能として有償で提供するというものです。

 

Dropboxが、一定の容量まではストレージサービスを無料で提供し、それを上回る容量については有償としているのはフリーミアムの戦略に基づいています。また、DeNAがオンラインゲーム「モバゲー」を無料で提供し、その中で使う武器などのツールについては有償で販売しているのも同様の戦略といえます。

 

DeNAを例にフリーモデルのビジネスマップを説明すると、バリューチェーンのブロックに関しては、KPが開発協力会社、KAがアプリ開発、KRがアプリ製品、VPが魅力的なアプリを基本無償提供(オプション機能は有償)すること、CRがWEB、アプリ、CHがインターネット、CSがアプリ利用者になります。

 

一方、収益モデルのブロックに関しては、CSがアプリの開発費用等、RSが有償サービスの売上になります。

 

[図表1]フリーモデル

自社の優れた機能の一部を切り出し、他社に外販

⑩機能外販モデルは、自社の優れた機能の一部を切り出して他社に外販するビジネスモデルです。ドイツの航空会社ルフトハンザが飛行機の整備を他社から大規模に受託しているのがその実例としてあげられます。

 

また、アマゾンによって提供されているAWS(アマゾンウェブサービス、AmazonWebServices)も、機能外販モデルの成功例といえます。AWSでは、アマゾンが本業で培ったシステム運用ノウハウやシステムリソースなどが外販されており、その結果、同社には大きな利益がもたらされています。

 

このように近時、機能外販の動きが活発化している背景の1つとしては、通信の発達やコストダウンによって、ビジネスの各機能が物理的に近接していなくてもスムーズに連動できるようになったことなどが指摘されています。

 

アマゾンのAWSを例に機能外販モデルのビジネスマップを説明すると、バリューチェーンのブロックに関しては、KPがAWS上で稼働するアプリ提供会社、KAがシステム運用、KRがAWSシステム、VPがハイレベルのシステムインフラを低価格で提供すること、CRがWEB、電話、F2F、CHが直販と販売パートナー、CSがAWSシステム利用ユーザーになります。

 

一方、収益モデルのブロックに関しては、CSがシステム運用管理費用等、RSがサブスクリプション方式(利用料金)になります。

 

[図表2]機能外販モデル

あなたにオススメのセミナー

    カッティング・エッジ株式会社 代表取締役
    中小企業診断士

    1986年、慶應義塾大学経済学部卒業
    2002年、テキサス大学オースティン本校マコームズビジネススクール交換留学
    2003年、神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程(MBA)修了
    2008年、MITスローン経営大学院 Executive MOT修了

    1986年、日本アイ・ビー・エム(株)に入社。社内公募によりジョイントベンチャーを立ち上げ、IBMロゴの製品化を実現。1997年、当時、SFAのパイオニア企業であった米国シーベルシステムズ社の日本上陸に伴い、創業メンバーとして参加。西日本地区の責任者としてビジネスを立ち上げる。その後複数のベンチャー企業立ち上げを経て、2008年、タレントマネジメントのグローバルリーディングカンパニーであった米国サクセスファクターズ社(現SAP社)にスカウトされ、日本法人を設立し、代表取締役社長に就任。ゼロからビジネスを立ち上げ、日本におけるタレントマネジメントシステムの市場を切り拓く。その後、日本オラクル(株)、サービスナウジャパン(合)の事業責任者を経て、独立。現在は、自身の会社であるカッティング・エッジ(株)を設立し、中堅・ベンチャー企業に対するコンサルティングを行う傍ら、ビジネススクールにて「新規事業開発」講座等を担当し、後進の育成に努めている。

    著者紹介

    連載すぐに使える、役に立つ! 「ビジネスモデル」の雛形と活用事例

    超図解! 新規事業立ち上げ入門

    超図解! 新規事業立ち上げ入門

    木下 雄介

    幻冬舎メディアコンサルティング

    日本の企業は目下巨大なパラダイムシフトの波に直面しています。 経営環境の変化がめまぐるしい中、企業が生き残るためにはビジネスモデルを再構築し、新たな収益の源泉として新規事業に取り組むことが不可欠です。 新規事業…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ