Yahoo!オークション、QBハウスの例に見る事業モデル

前回は、トヨタ自動車やアスクルに見る事業モデル例を取り上げました。今回は、Yahoo!オークション、QBハウスの例に見る事業モデルを紹介します。

顧客間の「インタラクション」の場を提供

前回の続きです。

 

⑤プラットフォームモデルは、自社を顧客間のインタラクション(相互作用)の場として提供するビジネスモデルです。たとえば、楽天市場、Yahoo!オークション、iPhoneAppstoreなどがこのビジネスモデルの典型例とみなされています。

 

具体的には、楽天市場では販売業者と買い手が、Yahoo!オークションでは、オークションの出品者と買い手が、インターネット上に用意されたプラットフォームを通じて相互にやりとりする仕組みとなっています。また、iPhoneAppstoreでは、同様の形でアプリ製作者とアプリユーザーを結び付けて取引を行わせています。

 

顧客間のインタラクションが盛んになればなるほど、プラットフォームとして提供された場は魅力的なものになり、顧客が増え自社の利益はあがっていきます。しかも、一度支配的なプラットフォームを形成することに成功すれば、競合がその立場を崩すことは難しくなります。

 

プラットフォームモデルのビジネスマップを説明すると、バリューチェーンのブロックに関しては、KPが出店業者、出品者、アプリ製作者、KAがプラットフォームシステムの運用、KRがプラットフォームシステム、VPが顧客間のインタラクションの場を提供すること、CRがWEB、電話、イベント、CHがインターネット、会員制サークル、CSが特定のコミュニティユーザーになります。

 

一方、収益モデルのブロックに関しては、CSがプラットフォーム構築・運用費用、RSが手数料になります。

 

[図表1]プラットフォームモデル

顧客の欲するものだけを販売…アンバンドリングモデル

⑥アンバンドリングモデルは、もともと一体で販売していたものを分解し、顧客の欲するものだけを販売するビジネスモデルです。「アンバンドリング(unbundling)」とは一体化されていたものを切り離すという意味で、束ねることや一括販売を意味する「バンドリング(bundling)」の反対語になります。たとえば、QBハウス、LCCなどがこのビジネスモデルを採用しています。

 

QBハウスを例にすれば、従来の理髪店では、カット、シャンプー、髭剃り、マッサージのサービスがワンセットとして、つまりはバンドリングされた形で提供されるのが当たり前でした。それに対して、同社はカットのみを切り離し低価格で提供することにより「髭剃りはいらない、髪だけを切ってもらえればよい」という消費者の要求にこたえ、その心をつかむことに成功したのです。なお、アンバンドリングモデルに類似のビジネスモデルとしては、製品そのものを分解するのではなく、製品の提供する機能を売って使った分だけ課金するユーティリティオファリングがあります。

 

アンバンドリングモデルのビジネスマップを説明すると、バリューチェーンのブロックに関しては、KPが資材提供業者、KAが顧客サービス、社内合理化、KRが店舗、従業員、VPが顧客の欲するものだけを切り出して提供すること、CRがWEB、電話、F2F、CHが直販もしくは販売店、CSが学生、ビジネスマンになります。

 

一方、収益モデルのブロックに関しては、CSが人件費、資材調達費、RSがサービス売上になります。

 

[図表2]アンバンドリングモデル

あなたにオススメのセミナー

    カッティング・エッジ株式会社 代表取締役
    中小企業診断士

    1986年、慶應義塾大学経済学部卒業
    2002年、テキサス大学オースティン本校マコームズビジネススクール交換留学
    2003年、神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程(MBA)修了
    2008年、MITスローン経営大学院 Executive MOT修了

    1986年、日本アイ・ビー・エム(株)に入社。社内公募によりジョイントベンチャーを立ち上げ、IBMロゴの製品化を実現。1997年、当時、SFAのパイオニア企業であった米国シーベルシステムズ社の日本上陸に伴い、創業メンバーとして参加。西日本地区の責任者としてビジネスを立ち上げる。その後複数のベンチャー企業立ち上げを経て、2008年、タレントマネジメントのグローバルリーディングカンパニーであった米国サクセスファクターズ社(現SAP社)にスカウトされ、日本法人を設立し、代表取締役社長に就任。ゼロからビジネスを立ち上げ、日本におけるタレントマネジメントシステムの市場を切り拓く。その後、日本オラクル(株)、サービスナウジャパン(合)の事業責任者を経て、独立。現在は、自身の会社であるカッティング・エッジ(株)を設立し、中堅・ベンチャー企業に対するコンサルティングを行う傍ら、ビジネススクールにて「新規事業開発」講座等を担当し、後進の育成に努めている。

    著者紹介

    連載すぐに使える、役に立つ! 「ビジネスモデル」の雛形と活用事例

    本連載は、2017年4月27日刊行の書籍『超図解! 新規事業立ち上げ入門』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    超図解! 新規事業立ち上げ入門

    超図解! 新規事業立ち上げ入門

    木下 雄介

    幻冬舎メディアコンサルティング

    日本の企業は目下巨大なパラダイムシフトの波に直面しています。 経営環境の変化がめまぐるしい中、企業が生き残るためにはビジネスモデルを再構築し、新たな収益の源泉として新規事業に取り組むことが不可欠です。 新規事業…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ