事業を法人化――知っておきたい「貸借対照表」の見方

前回は、「損益計算書(PL)」の見方を説明しました。今回は、「貸借対照表(BS)」の見方を見ていきましょう。

BSは「財務体質」の強さを示す

今回は、BSについて見ていきます。

 

PLが、決算までの1年間、事業でどれだけのプラス、マイナスがあったかの”事業の推移・流れ”を表すのに対し、BSは、ある時点、つまり決算時点での資産と負債、平たく言えばどれだけのお金があって、いくら借金を抱えているかを表します。言ってみれば、「1年間のPLの結果=BS」。財務体質の強さを示すものとなります。

 

[図表]貸借対照表(BS)の簡略図

 

図表の①を見るとわかるようにBSを構成する要素は、大きくは次に挙げる3つになります。

 

●資産(会社が持っている財産、お金)

●負債(返済義務のある他人資本)

●純資産(返済義務のない自己資本)

 

資産は現金預金や売掛金など(流動資産)、建物・土地など(固定資産)に分かれ、負債は買掛金、借入金などに分かれますが、ここでとくに注意したいのが、「借入金と現金預金のバランス」です。

 

とくに③のように、銀行などの利子が伴う借入金が多く、一方で現金預金の割合が非常に小さくなっている場合、経営状態は思わしくないと判断されます。

借入金が少なく、現金が十分にあるかどうかをチェック

何度も言っているように、いくら売上があっても、現金がないと会社の経営は立ち行きません。黒字倒産という言葉があるように、見かけの数字が良くても、現金として回収できていなければ、会社は突然、傾いてしまいかねないのです。

 

何度も申し上げているように、細かい専門用語はこの際、無視していただいて構いません。

 

●PLで収益と費用のバランスを見て、収益がきちんと上がっているか。

●BSで見て、借入金が少なく、しっかりと現金があるか。

 

これがPLの”フロー”と、BSの”ストック”の望ましい関係であり、その結果が、BS、PLの”スタイル”となって表れるのです。

 

さらに重要なのは、1期(1年)だけで見るのではなく、前年と今年を比較する、望ましいのは3~5期分を見て、その推移を見ることが大事です。果たして、去年より”スタイル”が良くなっているのか、悪くなっているのか。小さな会社の場合は、決算書は形のバランスを見ればOKと心得ましょう。

あなたにオススメのセミナー

    関東信越税理士会行田支部 税理士

    1999年税理士資格取得。税理士事務所に所属しながら顧客を増やすことを考えていたものの独立を決意し、櫻井税理士事務所を開設。2017年4月より、埼玉県羽生市に「ふたば税理士法人」を設立し、代表社員として税務・会計はもとより、独立開業支援から相続・贈与、事業承継まで、個人事業主の経営を全面的に支える。
    2007年11月より、関東信越税理士会埼玉県支部連合会が開設した会員相談室の相談員として、県内の税理士及び税理士事務所の職員からの相談業務を行っている。
    関東信越税理士会行田支部所属、日本税法学会会員、租税訴訟学会会員、日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。

    著者紹介

    連載特典多数! 確定申告で「青色申告」を選ぶメリット

    本連載は、2017年2月24日刊行の書籍『どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    櫻井 成行

    幻冬舎メディアコンサルティング

    個人事業主にとって、日々のお金の管理や確定申告は、頭を悩ませることのひとつです。忙しい仕事の合間を縫って、毎年〆切ギリギリに何とか税理士に資料を提出する、という人も少なくないでしょう。数字や計算が苦手な人は特に…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ