個人事業主が把握しておきたい「所得税」の基礎知識

前回は、個人事業主が把握しておくべき「社会保険料・国民年金」の負担について説明しました。今回は、「所得税」の基礎知識について見ていきます。

自分で稼ぎを申告し、納税しなければならない

新しい年を迎え、お正月気分が落ち着いたころになると、「そろそろ、またあの季節か~」と、ブルーな気持ちになる個人事業主の方は多いかもしれません。

 

そう、確定申告の季節到来です。毎年、早め早めに着手しようと思いつつ、「2月は逃げる」というように、あっという間に3月が到来。

 

「三日三晩、領収書の整理に追われ、締切の3月15日に税務署に駆け込んで、やっと間に合いました・・・」といったボヤキが聞かれるのも、3月の風物詩、〝自営業あるある〟でしょうか。

 

徹夜状態となるのは自業自得としても、なぜこんなに大変なことになるのか。それは、日本の納税の仕組みが「申告納税制度」を基本とするゆえです。

 

つまり、自分自身で稼ぎを申告し、納税を決める。サラリーマン時代は会社がやってくれていたことを、自己責任のもと、やらねばならなくなるわけです。

所得税の基本的な仕組みを知り、上手に付き合っていく

所得税のもう一つの特徴が「累進課税制度」といって、所得が高いほど税率が高くなることです。しかも、所得税の税率は年々、増税傾向にある。これも心しておきたい時代の流れです。

 

税率は以下の図表の通りですが、平成27年度には最高税率が45%にアップ。住民税を合計すると、所得の半分以上を持っていかれる計算です。

 

[図表]所得税の速算表

出典)国税庁HP
出典)国税庁HP

 

所得によって細かく税率が設定され、増税傾向にある所得税に対し、法人税は逆。減税傾向にあります。

 

とくに資本金1億円以下の中小法人の税率については、年間所得800万円以下の金額に対する税率が、平成24年4月以降、措置法により19%から15%に引き下げられ、平成29年3月31日までの特例延長が決まっています。

 

「個人事業主で所得が一定以上高くなってきたら、法人化したほうがトク」と言われているのは、こうした事情が背景にあります。また、所得と一口にいっても、10種類の区分があり、一定の所得については、税額の計算方法が異なります。

 

何かと「ムズカシイ」イメージがつきまとうかもしれませんが、これから長~いお付き合いとなる所得税。まずは基本的な仕組みを知り、少しずつ仲良くしていきましょう。

あなたにオススメのセミナー

    関東信越税理士会行田支部 税理士

    1999年税理士資格取得。税理士事務所に所属しながら顧客を増やすことを考えていたものの独立を決意し、櫻井税理士事務所を開設。2017年4月より、埼玉県羽生市に「ふたば税理士法人」を設立し、代表社員として税務・会計はもとより、独立開業支援から相続・贈与、事業承継まで、個人事業主の経営を全面的に支える。
    2007年11月より、関東信越税理士会埼玉県支部連合会が開設した会員相談室の相談員として、県内の税理士及び税理士事務所の職員からの相談業務を行っている。
    関東信越税理士会行田支部所属、日本税法学会会員、租税訴訟学会会員、日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。

    著者紹介

    連載特典多数! 確定申告で「青色申告」を選ぶメリット

    本連載は、2017年2月24日刊行の書籍『どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    櫻井 成行

    幻冬舎メディアコンサルティング

    個人事業主にとって、日々のお金の管理や確定申告は、頭を悩ませることのひとつです。忙しい仕事の合間を縫って、毎年〆切ギリギリに何とか税理士に資料を提出する、という人も少なくないでしょう。数字や計算が苦手な人は特に…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ