事業を法人化――知っておきたい「損益計算書」の見方

前回は、中小法人の「決算月」はいつに設定すべきかを説明しました。今回は、「損益計算書(PL)」の見方をご紹介します。

決算書は「見た目」が大事!?

法人化に踏み切ったところで、「そろそろ税務処理や決算を税理士に任せよう」と考える方も多いと思います。

 

しかし、「任せる」のと「任せっきり」は違います。決算書は、作成した”その後”こそが大事です。

 

プロに依頼する場合も同じで、数字から経営の現状をどう読み解くか。さらに、未来に向かって、今後の経営にどう活かすか。その力を養うことこそが「数字に強くなる」ためのポイントなのです。

 

もちろん集中すべきは本業であって、細かいことはこの際、おいておくが正解。自分の会社、事業がどんな状況にあって、どこを変えていくべきなのか。ザックリと決算書を見る目を養っておきましょう。

 

お勧めは”形”で判断すること。人間同様、決算書にも望ましい”スタイル”があるのです。

「費用と収益のバランス」をチェックするのが基本

ここで以下の図表1、図表2をご覧ください。これは損益計算書(PL)と貸借対照表(BS)をわかりやすく簡略化したものです。

 

[図表1]損益計算書(PL)の簡略図

 

まずは、損益計算書(PL)。

 

PLとは、一言でいえば、1年の儲けを示したものです。一定期間、たとえば1月1日~12月31日までの売上(収益)がいくらあって、仕入れなどの費用がいくらあったかを表す表で、「収益-費用=利益」の計算式を示したものになります。

 

たとえば、①のように、収益より費用が小さく、利益が出ている状態であれば問題ありません。②のトントン状態ぐらいならまだOKですが、③のように、収入より費用が膨らむと、損失が出てくることになります。「これは雲行きが怪しいぞ」と判断できるわけです。

 

PLは、このような右、左の形で数字が並んでいるものではありませんが、計算式で表すと「売上-仕入・製造にかかるコスト(売上原価)-給与などの販売・管理に関わるコスト(販管費)」で、本業で稼いだ利益、いわゆる営業利益が出てきます。

 

さらに、最終的な純利益を出すには、利息や配当などの「営業外収益・費用」や、税金などを加減する必要がありますが、小さい会社の場合は、「営業利益」がきちんと出ていればOK。

 

「費用と収益のバランス」をチェックする。これがPLを読み解くポイントとなります。

あなたにオススメのセミナー

    関東信越税理士会行田支部 税理士

    1999年税理士資格取得。税理士事務所に所属しながら顧客を増やすことを考えていたものの独立を決意し、櫻井税理士事務所を開設。2017年4月より、埼玉県羽生市に「ふたば税理士法人」を設立し、代表社員として税務・会計はもとより、独立開業支援から相続・贈与、事業承継まで、個人事業主の経営を全面的に支える。
    2007年11月より、関東信越税理士会埼玉県支部連合会が開設した会員相談室の相談員として、県内の税理士及び税理士事務所の職員からの相談業務を行っている。
    関東信越税理士会行田支部所属、日本税法学会会員、租税訴訟学会会員、日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。

    著者紹介

    連載特典多数! 確定申告で「青色申告」を選ぶメリット

    本連載は、2017年2月24日刊行の書籍『どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    櫻井 成行

    幻冬舎メディアコンサルティング

    個人事業主にとって、日々のお金の管理や確定申告は、頭を悩ませることのひとつです。忙しい仕事の合間を縫って、毎年〆切ギリギリに何とか税理士に資料を提出する、という人も少なくないでしょう。数字や計算が苦手な人は特に…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ