家づくりのための「情報収集」 留意すべきポイントとは?

前回は、旧来型の手法では遅れを取るかもしれない、家づくりのための「情報収集」の第一歩について説明しました。今回は、家づくりのための情報収集の際、具体的にどんな点に注意すればよいのかを見ていきます。

モデルハウスでは空間演出に翻弄されないよう注意

●住宅展示場・モデルハウス

豪華な設備のモデルハウスが並ぶ住宅展示場は、ハウスメーカーや住宅会社ごとの雰囲気や特徴を肌で感じ、最新の設備を実際に確かめるには適した場所と言えます。しかし、第1章(書籍『改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる』にて詳述)でお伝えした通り、そこにあるのは贅を尽くした非日常空間。

 

最新の設備や機能、優れた工法ばかりを紹介されれば、自分がどんな家に暮らし、どんな生活を送りたいかという本来の目的は霞み、目の前の機能やデザイン、スペック比較に興味を持っていかれてしまいます。営業マンが多くを語らなくても、お客様は巧みな空間演出によって、翻弄されてしまう危険があるのです。さらに、モデルハウスと実際の建物は決して同じではないということを忘れないようにしなければいけません。

 

●住宅情報誌・住宅関連書籍

住宅情報誌や住宅関連の書籍は、重要な情報源です。特に、自分がどのような「家」を建てたいのかに気づくきっかけを与えてくれることも少なくないでしょう。情報誌や書籍の多くは、住宅会社ごとに実際施工した施主宅の写真を掲載しているケースが多いので、それぞれの特徴や、間取りの工夫、体験談などを身近に感じることが出来るでしょう。こんな間取りがいい、インテリアのテイストがいいとイメージをふくらませ、参考のために切り抜いておく人も多いようです。

 

雑誌の場合、注意が必要なのは、編集部が第三者の立場から、ある一定の基準(工法、坪単価、附帯設備、金額、デザイン性)をもとに取材、撮影を行って紹介している記事がある一方で、企業とのタイアップ記事もあるということです。こちらはペイドパブなどとも言われますが、お金をもらってその企業の広告記事を書くというものですから、商品や技術については当然、いい評価を与えています。

 

また書籍のうち、特定の工法や材料に特化した内容のものについては、当然、その工法や材料を宣伝しているものなので、いわば偏った内容になっているわけです。そのため、一冊だけで決めてしまうのは早計です。どんな場合にも比較検討は重要です。

知識の乏しい担当者も多い「マッチングカウンター」

●マッチングカウンター

最近の流行りはマッチングカウンターと呼ばれるものです。この名前自体には聞き覚えがないかもしれませんが、各展示場などに不動産情報を扱う会社が設置している無料の相談カウンターのことです。多くは、自社の雑誌など媒体に広告を出している住宅会社を数件、紹介してくれます。

 

無料と言いましたが、実は、成約した場合には住宅会社サイドから決して低くない%の紹介料を取るという仕組みです。たとえ、お客様の方から出た名前であっても、それは同じです。お客様の望みや考えを親身に聞いて、それに見合った住宅会社を選択して紹介してもらえるのであれば、それでも決して悪くないシステムかもしれません。しかし、多くの場合は、窓口の担当者は家づくりに関する知識も乏しく、各住宅会社の特性も把握しているわけではなく、成約の可能性を高めるために、ただひたすらに数多くの会社を紹介しています。これでは決してお客様のためにはならないと思います。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社タマック 代表取締役

1961年(昭和36年)千葉県生まれ。  愛知学院大学商学部経営学科卒業後、父親の経営する会社に入社するも、間もなく経営破たん。家族として背負った負債を返済するために3年間、究極の職場・佐川急便に勤務。
負債を全額返済し終えた1988年、父親が再度立ち上げたタマックの前身となるハウスクリーニング業有限会社多摩クリーンサービスに入社し、1990年より住宅建設業を開始、某大手ハウスメーカーの指定工務店となる。
1993年株式会社タマックに商号変更、1995年株式会社タマック代表取締役に就任。2001年大手ハウスメーカーの下請けから脱却し、注文住宅の自社ブランド「タマックの家」の受注を開始。下請け時代の反省から一貫して拡大路線をとらず、「半径10km圏内限定施工」、「年間80棟限定施工」、「月間7棟平準着工」を掲げ、施主の立場に立った「サービス業」としての家づくりを実践している。
神奈川県川崎市多摩区に本社およびショールームを構え「生涯一拠点体制」を宣言し、施主にとっての「一分の一の家づくり」を大切に、「家づくりは幸せづくり」をモットーとし、地元に必要とされる会社として根ざしている。

著者紹介

連載「家づくり」を成功に導く住宅会社の選び方

本連載は、2017年4月12日刊行の書籍『改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

貞松 信人

幻冬舎メディアコンサルティング

人生を左右するほどの大きな買い物である「家づくり」。「家づくり」は購買経験を積むことが出来ないため、何が正しくて、何を基準にすれば良いかわからない、とても難しい買い物です。 あるアンケート調査では、注文住宅を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧