2014年から上り基調…ポルトガル不動産の賃料価格の推移

前回は、ポルトガルの各地域の概要について取り上げました。今回は、ポルトガル不動産の賃料価格の推移について見ていきます。

ポルトガル全体で不動産価格、賃料ともに上昇中

以前の記事でも紹介したとおり、2014年頃より、ポルトガル全体において不動産価格は上昇中です。

 

2016年10月までの年間の上昇率は、ポルト(9.7%)、レイリア (7.8%)、セトゥーバル (6.5%)が中でも高い区域としてランクインしています。リスボン都市圏内では、2016年10月までの年間の上昇率はオエイラス(10.4%)、カスカイス(8.1%)、シントラ(6.6%)、リスボン市街(5.3%)と、比較的高い上昇率を見せています。

 

 

2016年の主要都市のいくつかにおける平均月額賃料、1㎡あたり平均価格、グロスの利回りは、図表1と図表2のとおりです。

 

[図表1]平均月額賃料、1㎡あたり平均価格、グロスの利回り

 

<リスボン>

 

<ポルト>

 

<セトゥーバル>

  出典:Numbeo

 

 

[図表2]1㎡あたりの平均価格の推移

 

出所:globalpropertyguide
出典:globalpropertyguide

 

また、2017年4月現在のリスボン市街地の各区域の平均不動産価格は図表3の通りです。図表1と時期、出典が違うため誤差がありますが、市街地内部の価格差を比較検討頂く際に参考にしていただければと思います。  

 

[図表3]リスボン市街地の各区域の平均不動産価格(2017年4月現在)

出典:IMO Comretissimo
出典:IMO Comretissimo

宅地建物取引士

日本、シンガポール、北京にて、不動産賃貸業、国内・海外法務、日本企業の海外進出サポート業務などに携わった後、ヨーロッパのマイナー国家への海外不動産投資業務、海外移住サポート業務に従事している。現在は北京と東京を行き来しながら、ポルトガル、スペインをはじめ、ギリシャ、キプロスなど数カ国の不動産を取り扱う。
不動産投資においては、各国の法律、税制、金融について詳細なアドバイスを心がけ、移住においては、顧客それぞれの希望に合った生活環境、教育方針、医療体系などを備えた国・地域を提示できるよう、常に研究を重ねる。
親族の半分はブルガリアに在住、ギリシャ、キプロス、スペイン、マルタにも親族、友人、知人が在住している。

著者紹介

連載移住先としても注目! 「ポルトガル不動産」の最新事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧