海外進出の資金を調達…学生主導のクラウドファンディング

前回は、事業拡大に活きる「学生ならでは」の新鮮な発想力について紹介しました。今回は、海外進出の資金を調達に成功した、学生主導のクラウドファンディングについて見ていきます。

学生の語学力とバイタリティに注目

長期インターンに参加する学生の中には、自分を高めようとさまざまなスキルを習得している人も少なくありません。そのひとつが、海外留学を通じて習得した語学力です。私の会社に来る学生の多くは留学経験があり、中には外国語学部に所属している人もいます。

 

これまで、私の周りの中小企業の多くは国内での仕事がメインだったので、あえてコストをかけてまで語学堪能な社員を雇う必要はないという考えを持っていました。ただ、時代は変わり、特に製造業にとっては国内需要だけに頼れない状況です。

 

私の会社は学生主導で外資系投資会社の支援金を2回にわたって獲得したのですが、実はそれだけでなく、クラウドファンディングにより海外事業展開のための資金調達を実施しました。クラウドファンディングとは、事業者やクリエイターが活動のための資金を調達する方法です。

 

私の会社がチャレンジしたクラウドファンディングは、「宙とぶペンギン」というサイトです。このサイトは、地域密着型のプロジェクトや夢を追う若者が立ち上げたプロジェクトが多いのが特徴です。私の会社はそこで資金を募りました。時期はちょうど、ぎふメディアコスモスのプロジェクトが終了した直後です。

 

プロジェクトをまとめ上げ、一息つこうとしているT君に私は「これからが本格的に動いてもらうときだ」と伝え、海外事業について展望を話しました。

 

T君は目を輝かせていました。活躍の場がどんどん広がっていくことが楽しく、うれしかったのでしょう。すぐプロジェクト立ち上げにとりかかり、資金調達のためにこのクラウドファンディングに目をつけたのです。

 

目標は、海外に私の会社のテントを立てること。

 

地方の中小企業にインターンに来ている学生が、アジア中を飛び回り、本気でプロジェクトを成功させようとしている。その熱意が投資家たちの心を動かしました。

 

[図表]クラウドファンディングホームページ

投資家やサイトの訪問者から募る金額の目標は、当初150万円でしたが、期間終了までに多くの申し込みがあり、あっという間に大幅に目標を上回る300万円を達成しました。

 

私の会社はこのようにして海外進出をスタートできるチャンスを手にすることができたのです。

現地訪問を通じて開拓先を変更した例も

この海外事業にメインで関わっているのは、先ほどのT君と愛知県立大学外国語学部3年生のM君です。M君はインターンへ来る前に1年間カナダへ留学し、英語が堪能。人当たりがよいので現地のスタッフや学生との関係もすぐにつくることができます。

 

1度目の現地調査では現地のゼネコンを訪問して、テントがどういった場面で使われるかというのをヒアリングしたり、スーパーやホームセンターに行って、テントがいくらで販売されているかをリサーチしたりと市場調査から始めました。

 

2度目の出張では、前回の情報も踏まえて大手ゼネコンを中心に回って、サンプルを見せながら営業活動をスタート。ところが、いざそこまで深く知ってみると、ベトナムの建設業界は壊滅的な状況だったのです。世間一般ではベトナムは景気がよい、進出するなら候補のひとつとして挙がっていますが、実際には世界中の大手ゼネコンが進出していて、血眼になって仕事を取り合っているような状態でした。

 

新しく進出するマーケットとしてはあまりよくないと判断し、同時進行で市場調査を進めていたインドへと開拓先をシフトしたのです。

 

インドでは、営業スタイルを180度変えました。

 

ベトナムではこちらからゼネコンに対して低姿勢で、「仕事ありませんか」と訪問していましたが、インドでは政治家や教育者など、階層の高い人と人脈をつくり、トップダウン方式でアプローチしたのです。

 

作戦が功を奏して、一人、有識者と記念撮影をして、「この人と以前会って話をしてきた」と話すと、面白いほどトントン拍子に事が進んでいきました。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社丸八テント商会 代表取締役社長

    1960年愛知県生まれ。1979年名古屋市立工芸高校卒業後、祖父が1951年に創業した丸八テント商会に入社。職人として製造現場で経験を積んだ後、海外の店舗で使用されるオーニングなどを撮影し、全6冊にも及ぶ世界のテントフォトブックを営業ツールとして自作。2005年の愛・地球博や2010年の上海万博では、大手企業の展示会ブースを手がけるなど、卓越した発想力と行動力でテント業界に新しい風を吹き込む。
    いち早くインターネットビジネスを活用し、自社HPのPV数(閲覧者)は1日に800~1000人となるなど“営業しない営業”のモデルを構築、他社との差別化を図る。また、伝統技術を活かした西陣帆布、西陣カーボンをプロデュース。JAPANブランド育成支援事業として経済産業省の認定を得る。伊東豊雄が設計した、“みんなの森・ぎふメディアコスモス”のグローブに携わる。
    2015年には、映画「シン・ゴジラ」の劇中で使用されたテントを施工した。“ものづくりから、ひとづくり”を信条に、これまで培ってきたプロデュース力を活かして、地域の中小企業を応援しようとミチカラプロジェクトを発足。地域の役に立てるテント屋さんを目指している。一般財団法人日本国際協力センター(JICE)国際協力機関「外国人が日本で働く」セミナー講師をはじめ、各地でセミナー講師を務める。

    2000~2001年 日本テントシート工業組合青年部会長
    2003~2005年 愛知万博飛行船Bプロジェクト実行委員
    2016年~ 愛知県テントシート工業組合理事長

    著者紹介

    連載事業拡大を実現する!中小企業のための長期インターン活用戦略

    本連載は、2016年11月12日刊行の書籍『事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    佐藤 均

    幻冬舎メディアコンサルティング

    中小企業にとって「採用」は非常に大きな問題です。新卒学生の大手志向が進み、中途採用も思うようにはできない時代。優秀な人材ほど条件面で折り合わない等の問題があり、人材獲得は困難を極めます。しかも、中小企業における…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ