家づくりのセミオーダーとフルオーダー、それぞれの特徴とは?

本連載では、家づくりの成否を決定的に左右する「住宅会社選び」のポイントを紹介していきます。今回は、基礎知識として「セミオーダー」と「フルオーダー」の違いを見ていきます。

「オンリーワン」を追求するフルオーダー

住宅会社選びにおいて注意したいポイントを説明する前に、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅のメリットとデメリットを改めて整理しておきたいと思います。どちらも注文住宅と呼ばれるものですが、その違いは小さくありません。フルオーダーであるがために、たとえば私たちが建てる家の外観は全部違います。

 

それに比較してハウスメーカーの建物というのは、ぱっと見てどこのものかがわかるほどに、イメージが固定化されています。ある程度規格化されている商品なので、完成形がイメージしやすいというメリットがありますから、そのイメージが気に入れば、その通りに造ってもらえばいいということになります。

 

ただ、そのイメージはやはり最大公約数に近いものなので、もっとオンリーワンのものを造りたい、あるいは具体的な固有のイメージがあるとすれば、それはフルオーダーでしか応えることは出来ません。

 

フルオーダーは、オンリーワンの家づくりであり、それぞれ手間暇かけてお客様と住宅会社が一緒になってコンセプト=住まい方を絞り込み、設計に落としていく作業なので、完成形は当然、すべて違います。

 

お客様の求めているもの、それが顕在化したニーズであれ、あるいは潜在的な願望であっても、それを見つけ出し、導き出して提案していくのが、注文住宅を専門とする住宅会社の基本スタンスです。

 

さらに言えば、お客様にも努力と勉強を求める結果となります。まだ明確なイメージが出来ていないとすれば、自分たちがどのような「家」を求めるのか、あるいはどのような暮らしをしたいと思っているのかを考えてもらわないとなりません。

 

また、設計前も、設計後、施工中も何十回と打ち合わせをする必要があります。私たちも、ですが、お客様も労力がかかるものなのです。なぜならば、お客様は施主であり、実際に「家」を建て、そこで住まう主役だからです。主役であることは、契約後も変わりません。

「労力がいらない」セミオーダーだが…

そこまでは必要ない、自分なりの明確なイメージまでは持ち合わせていないというのであれば、ハウスメーカーの提案するセミオーダー住宅や建売り住宅という選択肢もあります。

 

外観や機能を選び、間取りを決め、後は設備仕様を決めていく。それぞれある程度のバリエーションから選んでいく。それさえ決めれば、後は建て始めるだけです。建て始めてしまえば、基本的には打ち合わせもなし。現場に行っても煙たがられるわけですから、それに甘んじるというのであれば、労力はいりません。

 

ハウスメーカーを正しく選び、現場がしっかりとさえしていれば、一つの解決策であることは間違いありません。ただ、本当に納得して住宅会社を選び、契約書にハンコを押したのでない限り、どうしても不満が残ります。

 

「こんなはずではなかった」「こんなことは聞いていない」と不満足に思うことになれば、そこにつぎ込んだ多額のお金が無駄になってしまいます。ほとんどの場合、家づくりは一生に一度のことです。そうした後悔はどうあってもしたくないものです。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社タマック 代表取締役

1961年(昭和36年)千葉県生まれ。  愛知学院大学商学部経営学科卒業後、父親の経営する会社に入社するも、間もなく経営破たん。家族として背負った負債を返済するために3年間、究極の職場・佐川急便に勤務。
負債を全額返済し終えた1988年、父親が再度立ち上げたタマックの前身となるハウスクリーニング業有限会社多摩クリーンサービスに入社し、1990年より住宅建設業を開始、某大手ハウスメーカーの指定工務店となる。
1993年株式会社タマックに商号変更、1995年株式会社タマック代表取締役に就任。2001年大手ハウスメーカーの下請けから脱却し、注文住宅の自社ブランド「タマックの家」の受注を開始。下請け時代の反省から一貫して拡大路線をとらず、「半径10km圏内限定施工」、「年間80棟限定施工」、「月間7棟平準着工」を掲げ、施主の立場に立った「サービス業」としての家づくりを実践している。
神奈川県川崎市多摩区に本社およびショールームを構え「生涯一拠点体制」を宣言し、施主にとっての「一分の一の家づくり」を大切に、「家づくりは幸せづくり」をモットーとし、地元に必要とされる会社として根ざしている。

著者紹介

連載「家づくり」を成功に導く住宅会社の選び方

本連載は、2017年4月12日刊行の書籍『改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

貞松 信人

幻冬舎メディアコンサルティング

人生を左右するほどの大きな買い物である「家づくり」。「家づくり」は購買経験を積むことが出来ないため、何が正しくて、何を基準にすれば良いかわからない、とても難しい買い物です。 あるアンケート調査では、注文住宅を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧