賃貸ニーズはあるか? 不動産投資の「エリア選び」のポイント

前回は、不動産投資で融資が受けやすい物件の種類について説明しました。今回は、不動産投資の「エリア選び」のポイントを見ていきます。

田舎であっても「空室が少ない理由」が明確ならOK

神山:日本、海外も含めて投資エリアとして、どういう場所が好ましいのかといえば、やはり賃貸として人気のある場所です。

 

もしくは人気はなくても、そのエリアの稼働率が高いところです。田舎の駅でも稼働率が高くて空室が少ないところがあります。そうやって調べていくと、近くに工業団地があり、そこの従業員の大多数が借りていたり、あと学校があって単身者の需要があるなど、稼働率の高い理由があります。そうであれば、郊外でも構わないと思います。

 

唯一、注意するとすれば、一つの工場、一つの学校など、何か1カ所だけに賃貸ニーズを依存していないことです。今は工場や大学の移転はよくありますから、その点は注意が必要です。

 

ジュン:なるほど、たしかにシャープの亀山工場など大変なことになっているでしょうね。

物件を「持ちたい」「買いたい」と思うエリアも候補に

神山:ただし売却を考えると、皆さんが知っているような駅……例えば新宿まで30分など、頭にすぐイメージできるような立地であれば理想的です。人口でいうと、やはり首都圏外ということになります。

 

まず稼働率が高いことが第1ポイント。2番目としては知名度や、皆さんがそこに物件を「持ちたい!」「買いたい!」と思ったエリアです。そうなると、やはり政令指定都市や、駅としての立地がよいところに絞られてきます。

 

地方であっても、そのようないい場所がたくさんあります。北海道も人気があり、私の知り合いも札幌に3~4棟持っています。北国でも比較的に雪が少ないエリアです。雪が多いと、その処理に維持費がすごくかかります。そうした地方ならではのコストもしっかり調べる必要があります。

 

タカ:僕は東北の生まれですが、駐車場の雪かきが必要だったり、結構大変でしたよ。

 

神山:札幌であれば、この道は行政による除雪が行われるが、こっちの道は行われないといったこともあるようです。

アルマックスジャパン株式会社 代表取締役

ブラジル生まれ、沖縄育ち。大学卒業後、杉山商事株式会社(現総合地所株式会社)入社。収益物件の売買業務に携わる。1993年、東京セキスイハイム株式会社に転職し、中高層建築の企画営業を経験。2007年、住友林業株式会社で分譲マンション開発、収益ビル取得業務に携わる。
2010年、アルマックスジャパン株式会社を設立。現在は一般投資家向けに不動産の仲介や売買を行うほか、スポーツ選手や芸能人に対しても同様のサービスを行い高い評価を得ている。
また、エンタテインメント事業や飲食業など多角的にビジネスを展開している。

著者紹介

連載有名人のための「不動産投資」入門

本連載は、2016年9月9日刊行の書籍『「有名人」のための資産形成入門』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「有名人」のための資産形成入門

「有名人」のための資産形成入門

安次嶺 格

幻冬舎メディアコンサルティング

一般的なサラリーマンより高収入な人の割合が大きい有名人。 しかしながら将来にわたって安定した収入が得られる保証はなく、いつ転落人生を迎えてもおかしくはありません。そこで本書では、長期的な視点で確実に資産を築くた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧