「大きなリターン」を得られる不動産投資物件の選び方

前回は、収益物件の購入で「信頼できる」不動産業者の見極め方を説明しました。今回は、「大きなリターン」を得られる不動産投資物件の選び方を見ていきます。

「良い条件の融資」が受けられる物件であることも重要

不動産を使った資産形成といえば「不動産投資」。その魅力にすっかり夢中になった3人だが、実際、不動産投資をはじめるにあたって、物件を買わなくてはいけない。では、どのような物件を買えばいいのだろうか。

 

不動産投資は買うのがゴールではなく、買ってからがスタート。購入後に安定的な賃貸事業が行える物件とは賃貸ニーズのある物件だ。

 

どんな物件を購入すれば期待通りのリターンを得られるのか、立地も含めた物件の選び方をガイドする。もちろん、購入するにあたって融資は必需、良い条件の融資が受けられる物件であることも大切な条件だ。

「検査済証」を確認し、違法性がないことも確認

神山:実際に物件を探していくにあたり、選び方や情報収集で、どのような物件を選んだらいいのでしょうか。耐用年数における融資のやり方や賃貸ニーズであったり、そのようなことも含めたうえでどんな物件がいいのかを解説していきます。

 

●検査済証の確認

建物が完成したときに役所から発行される証明書で、これがあれば違法建築はしていないという証しです。検査済証があることを目安にします。

 

融資のことを考えると、築年数はなるべく新しいに越したことはありません。それと、新耐震、旧耐震といった耐震基準でも評価は違ってきます。耐震補強が必要だったりもしてきます。

 

ジュン:たしかに地震は心配です。

 

神山:80年代のバブルの頃は、検査済証がなくても関係なく融資をしていましたから、急いで入居させて役所の検査を逃れていました。人が住んでいたら検査ができませんから。

 

中には平成元年前後の物件でも検査済証を取っていない物件があったりします。バブルの頃は工事も集中していて、3月下旬に完成が集中していました。

 

賃貸も契約すると、即入居日が決まってしまいます。工事も遅れたりすれば検査をするタイミングを逃してしまいます。このような背景もあり、検査済証を取ってない物件があります。

 

ジュン:昔はいい加減だったのですね。

アルマックスジャパン株式会社 代表取締役

ブラジル生まれ、沖縄育ち。大学卒業後、杉山商事株式会社(現総合地所株式会社)入社。収益物件の売買業務に携わる。1993年、東京セキスイハイム株式会社に転職し、中高層建築の企画営業を経験。2007年、住友林業株式会社で分譲マンション開発、収益ビル取得業務に携わる。
2010年、アルマックスジャパン株式会社を設立。現在は一般投資家向けに不動産の仲介や売買を行うほか、スポーツ選手や芸能人に対しても同様のサービスを行い高い評価を得ている。
また、エンタテインメント事業や飲食業など多角的にビジネスを展開している。

著者紹介

連載有名人のための「不動産投資」入門

本連載は、2016年9月9日刊行の書籍『「有名人」のための資産形成入門』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「有名人」のための資産形成入門

「有名人」のための資産形成入門

安次嶺 格

幻冬舎メディアコンサルティング

一般的なサラリーマンより高収入な人の割合が大きい有名人。 しかしながら将来にわたって安定した収入が得られる保証はなく、いつ転落人生を迎えてもおかしくはありません。そこで本書では、長期的な視点で確実に資産を築くた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧