今回は、会社の資金を増やすにあたり、「本業」以外に頼ってはいけない理由を見ていきます。※本連載では、株式会社スペースワン・代表取締役・徳永貴則氏 監修、株式会社エッサム編集協力、資金繰りを支援する税理士の会著、『会社の資金繰り 絶対!やるべきこと知っておくべきこと』(あさ出版)から一部を抜粋し、金策に追われることなく、「資金繰り」のいい会社を目指すための実践的なノウハウを紹介します。

事業の成長が止まると手を出したくなる、不動産と株

金融機関からの融資以外にも、資金を増やす方法があります。

 

投資と節税です。しかしこれは、あまりお勧めできません。

 

事業が軌道に乗り、順調に利益が増えていったのに、急に成長が止まってしまった。売上がなかなか伸びなくなったが、ある程度の資金が手元にある。

 

このようなときに経営者が手を出してしまう代表的なものが、不動産と株です。本業で儲けることができないから、マンション経営や株で少しでも稼いで資金を増やしたい、と思ってしまうのです。

 

これは「在庫」と同じです。会社経営に必要な資金が、マンションや株という別のモノに化けてしまうのです。

 

「マンション経営を始めれば、安定した家賃収入を得られる」

「上昇傾向にある企業の株を買えば、投資以上のリターンがある」

 

このように「楽に資金を増やせる」という考えは、危険です。「もっと家賃収入を増やしたい」「少しでも多くのリターンがほしい」という欲が出やすいからです。

金融機関から借りたお金で不動産や株を買うのは最悪

本業の資金を増やすためにマンション経営を始めたのに「1棟マンションを買ったら、家賃収入が2倍になる」と不動産につぎ込んでしまうと、家賃収入が2倍になっても、維持管理にかかるコストも2倍になります。そうして本業がいよいよ危なくなり、マンションを売ってお金に換えようとしても、建物は年月とともに劣化して価値が下がりますし、土地の値段も一定ではありません。さらには大雨による浸水被害、地震による損傷など、自然災害によって突然大きなダメージを受けるかもしれません。手放すときに、購入時以上の価格で売れるという保証はどこにもないのです。

 

株も同様です。その株が値上がりしたときに「まだ上がるかもしれない」と欲を出して粘っているうちに、価格が下がってしまうケースが多々あります。

 

最悪なのは、金融機関から借りたお金をもとに、不動産や株を買ってさらに増やそうとするやり方です。金融機関はその会社の本業のために融資をしているのですから、貸したお金が投資に使われていることが分かれば、その後の融資審査が厳しくなることを頭に入れておいてください。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2016年6月23日刊行の書籍『会社の資金繰り 絶対!やるべきこと知っておくべきこと』から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    会社の資金繰り 絶対やるべきこと、知っておくべきこと

    会社の資金繰り 絶対やるべきこと、知っておくべきこと

    徳永 貴則 風張 広美 平井 敬士 窪木 康雄 小高 正之 土江 誠一郎 森 敏夫 浅井 政晃 高田 寛 岸 健一 飯塚 正裕 横田 昭夫 中村 泰宏 日比 亮太郎 舟生 俊博 糊 智至 佐々木 康二 南村 博二

    あさ出版

    「なんでこうなってしまうのか・・・」と手遅れになる前に! 知識ゼロでもできる「資金繰り表のつくり方」から、「銀行交渉、業種別のポイント」まで。本書では、会社経営の最重要課題の1つである、資金繰りについて、知識ゼロ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ