▲トップへ戻る
社内の「埋蔵金」が「固定資産」に集まりやすい理由

今回は、社内の「埋蔵金」が「固定資産」に集まりやすい理由を見ていきます。※本連載では、株式会社アイ・シー・オーコンサルティング主任コンサルタントで、公認会計士・税理士の福岡雄吉郎氏の著書『決算書で面白いほど会社の数字がわかる本』(あさ出版)より一部を抜粋し、経営効率を上げるための決算書の読み方を、図解を用いて分かりやすく説明します。

お金に変えるのに時間がかかる「固定資産」

さて、下半身の固定資産は、下欄のとおり、大きく3種類あります。固定資産のうち、何が大きいかは、業種によって違いますが、どれも、お金に変えるのに時間がかかります。

 

【図表1】固定資産は3種類ある

 

例えば、製造業で、自社工場をもち、機械等をたくさん入れていれば、有形固定資産の金額が多くなります。

 

テナントに入り、店舗を運営することが多い小売業、外食産業では、貸主に対して支払う保証金が多くなります。

土地は「減価償却」ができず、資産の部が膨らむ

人間も会社も、ぜい肉のないスリムな体型が健康的ですね。会社にとってのぜい肉は、事業に必要のない資産のことです。そしてそれは、固定資産に集まりやすいのです。

※本書では「社内埋蔵金」と呼ぶ。

 

【図表2】固定資産は本当に必要か?

 

例えば、土地は会社で持つ必要があるのでしょうか?「地代を年間1000万円払っている土地を1億円で買わないか?と言われています。1億円なら地代10年分なので、おトクだと思うのですが……」

 

確かに、一見すると、もっともらしい考えです。しかし、土地は減価償却(50ページ※書籍参照)できないため、資産の部が膨らみます(①)。また立地条件は10年もたてば変わります(②)。固定資産税もかかってきます(③)。

 

さらに、この議論には、法人税の支払が抜けています。法人税≒税引前当期純利益×30%、でしたね(82ページ※書籍参照)。

 

地代で1000万円払えば、この税引前当期純利益が減ります。土地を購入した場合に比べて、法人税の支払は、300万円減ることになります。つまり、土地を借りた場合に出ていくお金は700万円になるのです。

 

こう考えると、議論の境目は、そもそも10年ではなくて、15年(1億円÷700万円≒15年)になるのです。

 

【図表3】土地は買うべきか?借りるべきか?

「投資その他の資産」のふくらみすぎに注意する

固定資産の下のほう(投資その他の資産)には、本業に直接関係ないものが並んでいます。

 

「もうかりそうだから」と上場会社の株式や、投資ファンド(投資信託)を買えば、「投資有価証券」がふくらみます。

 

「長期貸付金」は誰に対するものでしょうか?そしてそれは、確実に回収できるのでしょうか?

 

この“投資その他の資産”には、お金が眠ったまま、という資産が多いのです。ふくらみすぎに、ご注意ください。

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 主任コンサルタント
公認会計士・税理士

名古屋大学卒業後、中堅監査法人へ入社。年商数億円から1000億円を超える企業まで、さまざまな業種の監査業務に従事。2012年、アイ・シー・オーコンサルティング入社。中小、中堅企業のお金を増やすための財務改善指導(オフバランス、資金繰り改善、投資計画策定)、お金を守るための内部監査業務に従事。最近は、オーナー経営者の高額退職金の支給や株式相続などの事業承継、M&A(会社売買)の指導で全国を奔走している。

著者紹介

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 会長

昭和17年 大阪生まれ。早稲田大学卒。昭和59年 大手コンサルティング会社を経て、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングを設立。企業再建の「名外科医」として、赤字会社の中に入り込み、社長や役員を叱りとばしながら思い切った手を果敢に打って短期間に収益を回復させる。経営指導暦は40年を超え、これまで400社以上を直接指導。オーナー社長のクセを知り尽くし、1社も潰さず、一部上場はじめ株式公開させた企業も十数社にのぼる。

著書:「儲かるようにすべてを変える」「カネ回りのよい経営」「後継者の鉄則」(いずれも日本経営合理化協会出版局)、「社内埋蔵金をお金にする知恵」(中経出版)「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド出版)など。

著者紹介

連載「貸借対照表」を分析して社内の埋蔵金を発掘する方法

本連載は、2016年7月9日刊行の書籍『決算書で面白いほど会社の数字がわかる本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

決算書で面白いほど 会社の数字がわかる本

決算書で面白いほど 会社の数字がわかる本

井上 和弘 福岡 雄吉郎

あさ出版

企業の収益性、安全性、金融力、生産性。いかに経営効率をあげ、カネ回りをよくするか!決算書でお金の動きだけを注目し、必要なところだけを見る!ムダにメスを入れ、社内埋蔵金をキャッシュに変えるヒントが満載。

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧