具体的な数字で見る「日本の少子高齢化」の深刻度

本連載は、英系投資顧問会社SPRING社の取締役で、グローバルマクロ戦略主任である塚口直史氏の著書、『情報を「お金」に換えるシミュレーション思考』(総合法令出版)の中から一部を抜粋し、高齢化・自然災害によって起こり得るリスクストーリーを考え、対策をシミュレーションしていきます。

2015年以降、人口が減り続ける日本

「少子高齢化」という言葉を聞いて久しくなります。この言葉に鈍感になってきているのは私だけではないはずです。そのため、少子高齢化を数値に置き換えてその意味を突きつけられたとき、衝撃を受けてしまいます。

 

まず、子どもが少ない云々以前に、老人がどんどん亡くなっていく世の中が少子高齢化社会です。号外が出たので、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

 

2015年は1920年に国勢調査が始まって以来、史上はじめて日本の人口が減る年となりました。あまりにも多くの方が亡くなっていくため、今、都内の火葬場はどこも1週間待ちと聞きます。そして、以降毎年人口は減っていきます。

 

2016年の総人口1億2711万人は、14年後の2030年に1億1662万人へと1000万人以上が減少し、2050年には9708万人へとさらに2000万人が減る予定です(人口問題研究所)。

 

しかし、ただ人口が減るだけなら、需給均衡の観点から考えた場合、ある程度の産業活動や雇用機会が減っても構わないとも言えます。最も影響があるドライバーになると考えられるのは、生産人口のより大きな減少です。

最も懸念される問題は「社会保障費の負担増」

今後50年をかけて、2060年までに日本の生産年齢人口が3755万人も減少することの影響は甚大です。そんなに遠い未来の話ではありません。早くも9年後には「2025年問題」がやってきます。

 

「2025年問題」とは、団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達することにより、介護・医療費等社会保障費の急増が懸念される問題です。

 

10年後の2025年、高齢者人口は、約3500万人(人口比約30%)に達すると推計されています(厚生労働省)。 高齢者(65歳以上)1人に対して生産年齢人口(15~64歳)が何人で負担するか? という人数も大きく変化してきました。

 

「胴上げ型/1965年」高齢者1人に対し生産年齢人口9.1人。

「騎馬戦型/2012年」高齢者1人に対し生産年齢人口2.4人。

「肩車型/2050年」高齢者1人に対し生産年齢人口1.0人。

 

低い出生率と諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行し、年金など厳しい社会保障費負担の社会到来が予想されています。人口に占める働く人の割合が低下する状態は「人口オーナス」(オーナスは重荷の意味)と呼ばれています。

 

この人口オーナス状態になった経済社会ではどのような影響が現れるのでしょうか? 次回は具体的なリスクストーリーを見ていきましょう。

グローバルマクロ戦略ファンドマネージャー
英系投資顧問会社SPRING社取締役/グローバルマクロ戦略主任 

早稲田大学政治経済学部卒。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科ファイナンス修士課程了。
みずほ投信投資顧問入社後、シティバンク・国際金融本部短期金利トレーディング部を経て、2008年に世界最大級の運用会社であるブラックロックにてグローバルマクロ戦略ファンドを主括。リーマン・ショック時、多くのファンドが損失を出すなか、投資収益率としては驚異的な50%以上リターンを上げ、ブラックロックの数百あるファンド内で1位の成績を収める。
2014年より、英SPRING社において、グローバルマクロ戦略ファンドを設立・運用。エネルギー・地政学リスクに関する情報をヨーロッパ・アジア双方を通じて広く求めるべく2013年よりモスクワにリサーチ拠点を移す。2015年、中国経済危機に備えるポジショニングが奏功し、50%以上の投資利回りを実現。世界3位として表彰される(ファンド評価会社バークレイヘッジ社、2015年度グローバルマクロ戦略部門)。また同年、ロシア国内での運用成績でも第1位となる(ロシアヘッジファンドインダストリー国際部門)。
2016年7月1日より、SBIグループと共同で30~40代の幹部向けの金融サロンをスタートする。
ほか、メガバンクグループの超富裕層向けに「モスクワだより」を発行。海外投資の観点から国際金融事情を届け、好評を博している。ブルームバーグなど、海外メディアへの記事寄稿多数。

著者紹介

連載情報を「お金」に換えるシミュレーション思考〜リスク管理編

情報を「お金」に換える シミュレーション思考

情報を「お金」に換える シミュレーション思考

塚口 直史

総合法令出版

思い描く人生を歩むためには仕事でもプライベートでも、自分なりの「ストーリー」を描き、「シミュレーションすること」が必要です。このシミュレーションをせず周りの意見に流されて行動したり、思いつくがままに行動すると、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧