南海トラフ大地震による「リスクストーリー」とは?

今回は、発生する確率が高いと言われる「南海トラフ大地震」によるリスクストーリーを予想します。※本連載は、英系投資顧問会社SPRING社の取締役で、グローバルマクロ戦略主任である塚口直史氏の著書、『情報を「お金」に換えるシミュレーション思考』(総合法令出版)の中から一部を抜粋し、自然災害・高齢化によって起こり得るリスクストーリーを考え、対策をシミュレーションしていきます。

事前に「ストーリー」を考えれば必要な備えが分かる

2016年4月、折しも東日本大震災から5年が経ち、自然災害の恐ろしさに対する私たちの記憶が薄れかかった頃、九州で熊本地震が発生しました。熊本城の石垣が無残にも崩壊した姿は、私たちに自然災害への備えの必要性を改めて認識させるものでした。

 

今回の熊本の地震は、次なる大地震を誘発する可能性があると言われています。その地震とは、南海トラフ大地震です。

 

大規模な地震が来たときの「ストーリー」を事前に考えておくだけで、何をどう備えれば良いかが見えてきます。まずは、命を守るための方策をストーリーから見つけていきましょう。

停電、物資不足、寒さ…地震によって陥る状況とは?

地震が発生するとどのような場面に遭遇するでしょうか。考えていくと、その方策が見えてきます。なお、地震下での状況は、熊本地震や東日本大震災で被災した多くの方々への実際のインタビューを基に構成したものです。

 

●部屋中がモノで散乱し、備蓄しておいた避難物資が見つかりづらい(特に電池やライターなどの小さいものが見当たらない)

 

→夜であればなおさら見つかりづらくなる

 

●電話がつながらないので家族と連絡が取れない

 

→不安が増殖する

 

●テレビが見られないのでオンタイムの情報が入手できない

 

→人や声、情報を求めて屋外に出る動機になる

 

●避難所がどこなのかわからない

 

→皆についていく

 

●家では家具が倒れ、食器が割れ、本棚から本が落ちるなど落下物が散乱。スーパーやコンビニでは商品棚から商品が崩れ落ちて散乱

 

→思考が麻痺する

 

●崩れたブロックが道をふさぎ、道路に亀裂も見られる。安全に歩けない

 

→動くことすらままならない

 

●マンションやビルのエレベーターは停電で動かない

 

→屋内待機となりがちとなる

 

●停電が続き、夜になると辺りは真っ暗

 

→家にいても何もできない

 

●オール電化の住宅では停電になるとお湯さえわかせない

 

→屋内にいることの不便さが際立ってくる

 

●カセットコンロも寿命があり、暖をとるためには使えない

 

→インフラとしてのガスのありがたみが身にしみてわかる

 

●期限切れの電池しか見つからない

 

→電池は寿命があり、せいぜい3年しか持たない

 

●携帯電話のメールだけは使えたが、あちこちから安否確認やお見舞いの連絡が入り、あっという間にバッテリーが切れてしまった

 

→インフラとしての電力がない中で屋内生活は困難となる

 

●停電が続く限り、夜は真っ暗闇。不安に押しつぶされそうになる

 

→余震も続き、屋内で暮らしていくことが精神的に困難となっていく

グローバルマクロ戦略ファンドマネージャー
英系投資顧問会社SPRING社取締役/グローバルマクロ戦略主任 

早稲田大学政治経済学部卒。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科ファイナンス修士課程了。
みずほ投信投資顧問入社後、シティバンク・国際金融本部短期金利トレーディング部を経て、2008年に世界最大級の運用会社であるブラックロックにてグローバルマクロ戦略ファンドを主括。リーマン・ショック時、多くのファンドが損失を出すなか、投資収益率としては驚異的な50%以上リターンを上げ、ブラックロックの数百あるファンド内で1位の成績を収める。
2014年より、英SPRING社において、グローバルマクロ戦略ファンドを設立・運用。エネルギー・地政学リスクに関する情報をヨーロッパ・アジア双方を通じて広く求めるべく2013年よりモスクワにリサーチ拠点を移す。2015年、中国経済危機に備えるポジショニングが奏功し、50%以上の投資利回りを実現。世界3位として表彰される(ファンド評価会社バークレイヘッジ社、2015年度グローバルマクロ戦略部門)。また同年、ロシア国内での運用成績でも第1位となる(ロシアヘッジファンドインダストリー国際部門)。
2016年7月1日より、SBIグループと共同で30~40代の幹部向けの金融サロンをスタートする。
ほか、メガバンクグループの超富裕層向けに「モスクワだより」を発行。海外投資の観点から国際金融事情を届け、好評を博している。ブルームバーグなど、海外メディアへの記事寄稿多数。

著者紹介

連載情報を「お金」に換えるシミュレーション思考〜リスク管理編

情報を「お金」に換える シミュレーション思考

情報を「お金」に換える シミュレーション思考

塚口 直史

総合法令出版

思い描く人生を歩むためには仕事でもプライベートでも、自分なりの「ストーリー」を描き、「シミュレーションすること」が必要です。このシミュレーションをせず周りの意見に流されて行動したり、思いつくがままに行動すると、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧