「有名」「大手」でも信用できない不動産業界の現状

今回は、「有名」「大手」でも信用できない不動産業界の現状を見ていきます。 ※本連載では、「不動産高く売りたい.com」代表・露木 裕良氏の著書『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)より一部を抜粋し、売りたい人が抱える「事情」につけ入る不動産業者の実態を紹介します。

消費者意識を上手く利用する業者側

前にも簡単に触れましたが、一般の人には「大手だから信用できる」という思い込みがあります。

 

皆さんも、有名な会社だから、財閥系の子会社だから、きっと変なことはしないだろうと思っていませんか。

 

業者側も、お客さんを信用させるため、そんな消費者意識を上手く利用しています。

「大手だから信用できる」はまさに思い込み

たとえば、銀行の名前を付けた不動産会社はたくさんあります。売る方、買う方からすれば、銀行がバックに付いているから安心、融資が必要な際にも融通が利くだろうと漠然と想像します。業者の方も、顧客がそう思って訪ねて来て、任せてくれることを期待しています。

 

ところが、実際には、名前が付いているだけで、まったく別々の組織であることが多いのです。銀行の名前が頭についた不動産会社の営業マンなら、銀行と関係があって、その面でも信頼して相談できると思ったら大間違い。銀行員でもなければ、金融の知識などまったく持たない、ただの不動産営業マンなのです。

 

2015年の秋、またマンション建設をめぐり大事な杭打ちで不祥事が明るみに出ました。これを偽装していた施工業者も元請けも大手の企業、あるいはその名前を冠した子会社です。大手だから大丈夫、大手だから信用できるというのは勝手な思い込みだと、しっかりと認識する必要があります。

あなたにオススメのセミナー

    元・藤和コーポレーション創業者 現相談役
    一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
    「不動産高く売りたい.com」 サイト運営
     

    神奈川県出身。
    1985年大学卒業後、ハウスメーカーの現場監督として就職。1989年建設業を起業。
    独立以後、木造住宅、分譲住宅、店舗、造成土木工事、アパート、マンションなど1000棟以上を建築し、住宅に係るすべての事業を経験。2004年より「新築大家さん」を開始。
    元祖「土地のないサラリーマンに出来る新築不動産投資」b’CASAシリーズのブランドにて300棟以上販売。
    著書に『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)、共著書に『不動産投資は儲からない』(ジュリアン)がある。

    不動産のオークションジャパン
    http://fudosan-japanauction.jp/seller

    著者紹介

    連載不動産の売主必読! 「不動産仲介業者」の恐ろしい実態

    不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと

    不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと

    露木 裕良

    現代書林

    業者が画策する「囲い込み」という悪しき手法。 大儲けのためなら、どんな手でも平気で使う営業マン。 「ワン、ツー、スリーで大儲け」の仕組みとは? 「おとりチラシ」に騙されてはいけない。 「一括査定」という言葉に潜…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ