自宅の売却相談をきっかけに不動産屋に「食い物」にされた事例

今回は、自宅の売却相談をきっかけに不動産屋に「食い物」にされた事例を見ていきます。※本連載では、「不動産高く売りたい.com」代表・露木 裕良氏の著書『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)より一部を抜粋し、売りたい人が抱える「事情」につけ入る不動産業者の実態を紹介します。

駅前の不動産屋と専任媒介契約を結んだ父親

Eさんの両親は、熱海の一軒家で悠々と隠居生活を送っていました。

 

母親が認知症になり、施設の世話になりました。一人暮らしになった父親も高齢です。

 

「この家は階段もあって大変だ。もう歳をとって庭の手入れも億劫だし、家も一人暮らしには広すぎる。温泉付きの介護マンションに移ろうと思うんだ」

 

父親は、駅前の不動産屋に相談しました。すると、

 

「お客様のご自宅は日当たりもいいし、良い条件で売れますよ!」

 

と積極的な対応。父親はその業者に仲介を頼み、専任媒介契約を結んだというわけです。

「なんだかお金がかかるばかりだなあ」

それからというもの、不動産屋さんは父親にさまざまな助言をしてくれるようになったといいます。

 

「家の雰囲気が少し古いので、若い方も気に入ってくれるよう、少しリフォームした方がいい条件で売れますよ。もちろん、庭の手入れと、室内のクリーニングもきれいにしましょう。大丈夫です。私が知り合いの安い業者をすぐ手配しますから、面倒はかけません」なるほど、それは納得できる話です。父親自身、古さが気になっていましたし、すきま風や雨漏りも少しありました。これは直して売るべきだろうと思っていました。

 

そして次に、

 

「リフォームの期間中、臨時に賃貸マンションにお住まいになるか、余裕がおありなら小さなマンションを購入して、そちらに一時的に移られたらどうですか。家を売るにしても、持ち主が住んでおられるより、空き家になっていた方が遠慮なく内見できますし、売りやすいのです」

 

と言ってきました。

 

「なんだかお金がかかるばかりだなあ」。父親は少し疑問に感じましたが、どれもこれも理に適った話ですし、預貯金には少し余裕があり、助言はすべて受け入れました。見栄を張ったわけではありませんが、「それほどのことは訳もない」といったところを見せたいという、ささやかなプライドがむくむくと込み上げたのです。

 

無事に自宅も売却でき、その資金で念願の温泉付き介護マンションに移ることができました。父親の希望はすべて叶ったのですから、特に問題はないと言ってもいいでしょう。父親自身、当初の想定以上に経費がかかったことに、「少しもったいなかったかな」という思いはありましたが、老後の生活に打撃を受けるまでの出費ではなく、特に不満は感じませんでした。

 

しかし、私から見たら、「高齢者を食い物にしているな」という思いが拭えません。一緒に検証してみましょう。

業者間の発注・受注は「キックバック」が当たり前!?

本来は、自宅売却の販売のための仲介手数料だけがその不動産屋に入る予定でした。ところが、不動産屋は一時住まいのマンションの賃貸仲介手数料をモノにし、温泉付き介護マンションの購入仲介手数料も手にすることができました。さらに、自宅の買い手を自分で見つけていれば、双方代理で「両手」の仲介料を手にしたというわけです。

 

少なくとも4倍以上の収入を得たわけです。ただ、これだけなら、父親がいずれどこかの業者に払うお金、あるいはどこかの業者が関わって儲けるお金です。さほど問題ではありません。実は、さらに不動産屋は別の方法でも利益を懐に入れているのです。

 

自宅を売り出すにあたって、庭の手入れ、クリーニング、リフォームを勧められました。

 

そして、「大丈夫です。私が知り合いの安い業者をすぐ手配します。面倒はかけません」と言われ、父親はすべて任せました。ここに小さな「落とし穴」が潜んでいたのです。

 

こうした業者間の発注・受注には、キックバックが当たり前の世界です。不動産屋は、造園業者、クリーニング業者、リフォーム業者に仕事を回す代わりに、代金の一部を受け取っているのです。もちろんそれは、父親が支払ったお金の一部です。父親が直接、業者を選んで発注すれば、払う必要のなかった余分なお金です。大がかりなリフォームやクリーニングなど普通の人は経験がありません。それでつい、仲介業者を信頼し、勧められるままに依頼してしまいがちなのです。ここにも仲介業者の思惑、儲けの構造があるわけです。

 

これは駅前の不動産仲介業者の例でした。大手の仲介業者ならそんな心配はないだろうと思われるかもしれませんが、それは違います。大手であろうと、都会の業者であろうと実態は同じです。大手の会社が会社ぐるみでそれをしているかと言われればわかりませんが、現場の営業マン同士で話し合い、お互いに仕事をやりとりする代わりにキックバックを支払う、それはもう当たり前の慣習なのです。

 

業者からのキックバックをトータルしたら、駅前の不動産屋は、Eさんの父親がぶらりと立ち寄って相談されたところから、一体いくらの商売を積み上げたことでしょう。

 

仲介業者は、電話一本、現地に足を運ぶ程度の労力でこれだけの収入を得ることができます。それが、この業界の旨味なのです。

あなたにオススメのセミナー

    元・藤和コーポレーション創業者 現相談役
    一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
    「不動産高く売りたい.com」 サイト運営
     

    神奈川県出身。
    1985年大学卒業後、ハウスメーカーの現場監督として就職。1989年建設業を起業。
    独立以後、木造住宅、分譲住宅、店舗、造成土木工事、アパート、マンションなど1000棟以上を建築し、住宅に係るすべての事業を経験。2004年より「新築大家さん」を開始。
    元祖「土地のないサラリーマンに出来る新築不動産投資」b’CASAシリーズのブランドにて300棟以上販売。
    著書に『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)、共著書に『不動産投資は儲からない』(ジュリアン)がある。

    不動産のオークションジャパン
    http://fudosan-japanauction.jp/seller

    著者紹介

    連載不動産の売主必読! 「不動産仲介業者」の恐ろしい実態

    本連載は、2016年12月19日刊行の書籍『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと

    不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと

    露木 裕良

    現代書林

    業者が画策する「囲い込み」という悪しき手法。 大儲けのためなら、どんな手でも平気で使う営業マン。 「ワン、ツー、スリーで大儲け」の仕組みとは? 「おとりチラシ」に騙されてはいけない。 「一括査定」という言葉に潜…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ