国家戦略特別区制定で魅力を増す「下町エリア」の不動産投資

前回は、マンション経営に必要な融資を低金利で引き出す方法を説明しました。今回は、国家戦略特別区制定で魅力を増す「下町エリア」の不動産投資について見ていきます。

緩和される「高層ビル建築」と「民泊」への規制

安倍内閣は、国家戦略特区の第1次指定として平成26年5月1日、6地域(図表1)を指定しました。

 

【図表1】2014年5月1日、政府が第一弾となる6箇所を指定した。

 

アベノミクスによる国家戦略特別区域法を受け、東京都は次のように宣言しています。

 

「2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックも視野に、世界で一番ビジネスのしやすい環境を整備することにより、世界から資金・人材・企業等を集める国際的ビジネス拠点(図表1)を形成するとともに、創薬分野等における起業・イノベーションを通じ、国際競争力のある新事業を創出します」

 

これは、東京圏(東京都、神奈川県、千葉県成田市)で「国際ビジネス拠点」を形成するという目的を受けてのものです。このうち不動産投資家に直接関係があるのは国土交通省が主導で行う「大都市圏における高層ビル建築規制緩和」と厚生労働省が主導で行う「賃貸住宅の宿泊施設への転用許可」いわゆる民泊条例になります。

再開発エリアに通勤するビジネスマンがターゲット

現在、「国際ビジネス拠点の形成」を実現するための事業として、図表2のように国家戦略特区で認定されたプロジェクトの10案件が再開発事業としてスタートしています。2017年度から2023年度にかけて、これらの巨大オフィスビルが完成すれば、東京は大きく様変わりすることでしょう。

 

【図表2】国家戦略特区で認定された再開発事業

 

こういったビルに通勤するサラリーマンを入居者のターゲットにしたマンション経営は、入居者の需要も安定しているためリスクの少ない方法と言えます。

 

注目したいのは再開発のほとんどが、東京駅を中心とした千代田・港・中央区の都心エリアに集中しているということです。マンションといえば、城南・城西というイメージがある人も非常に多いとは思います。しかしながら、現実に再開発されているのは山手線の東側で、再開発ビルに通勤するサラリーマンは、下町エリアから通勤してくる人がほとんどです。

 

この再開発は、東京が20年後、30年後にアジアのビジネス拠点となるべく行っていますから、今後もこのエリアに通勤するサラリーマンは増えるでしょう。したがって、下町エリアを中心に将来の賃貸需要を見据えたエリアでの投資活動を行えば、空室に困る必要が少なくなることも覚えておいてください。

株式会社和不動産  代表取締役

法政大学経営学部卒業後、デベロッパーを経て、2011年より現職。
電話営業等のプッシュ型営業を一切行わない営業手法と、きめ細かなアフターフォローで、多くの顧客から支持を集めている。
『人が集まる会社』をコンセプトに掲げ、顧客・取引先・従業員の満足を高めるために、常に従来の不動産業界とは一線を画した新しい経営に挑戦。
その取り組みは、テレビ、新聞、雑誌など多くのメディアに取り上げられ、高い評価を得る。
座右の銘は「和を以て貴しとなす」、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。
著書は『不動産投資“購入後"の教科書』『不動産投資の裏側(ブラックボックス)を見抜き、堅実に稼ぐ方法~投資初心者のための「マンション経営」~』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

株式会社和不動産ホームページ

著者紹介

連載投資に最適!? 「都心」・「中古」築浅ワンルームマンションの魅力

老後破産を防ぐ 「都心・中古ワンルーム マンション経営」

老後破産を防ぐ 「都心・中古ワンルーム マンション経営」

仲宗根 和徳

幻冬舎メディアコンサルティング

203X年、国民年金制度は破綻する! ? もはや他人事ではない「老後破産」「下流老人」「収入格差」を防ぐ、たった一つの方法。 先行き不透明な社会保障制度に対する不安から、巷では資産形成の方法として金融商品への投資が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧