▲トップへ戻る
経営に大きなインパクトを与える事業用不動産の「出口戦略」

前回は、土地売却のための「目安価格」の査定方法について説明しました。今回は、事業用不動産の「出口戦略」の重要性について見ていきます。

高値で売却できるか否かで「事業の成否」も決まる!?

不動産の世界では、物件を売却することは「出口」と呼ばれ、収益用不動産などでも「出口」における売却戦略が非常に重要とされています。不動産は単価が大きいため、「出口」でうまく高値売却できなければ、それまでの事業で得た利益が吹き飛ぶほどのマイナスが生じることもあるためです。

 

また、他の商品の場合は誰かが利用すると価値が下がり、リユースの取引価格は新品時より確実に低下します。しかし、土地にはこうした価値の下落がありません。そのため、「出口」でしっかり戦略を立てれば、負債を一気に返済するなどの起死回生が実現できるのです。

 

経営者にとって事業用不動産の出口は、事業の出口も意味します。「終わり良ければすべて良し」と言いますが、高値で売却できるかどうかで事業の成否が決まると言っても過言ではありません。しっかりとした戦略を練り上げることにより、大切にしてきた事業を納得できる形で締めくくることができます。

 

ちなみに、辞書では経済活動における「出口戦略」という言葉は左記のように説明されています。

 

「不況、競争激化などから収益減の見込みとなり、企業が損害の少ないうちに規模を縮小または撤退するための方策。また、投資した株式・債権などを売却して資金を引き上げることをもいう」(小学館『大辞泉』より)

不動産の売却をスムーズに進める「三段階の売値目標」

不動産の売却を進める際には、売値目標は必ずしも必要というわけではありません。売主としては「できるだけ高値」が望ましいのであって、売値目標の確立が重要ではないのです。ただし、五里霧中で進めると考えがまとまりにくいため、その場合、三段階の売値目標を頭に置くと整理がしやすくなります。

 

仮に3億円の融資を受けて不動産を購入した経営者を例として、売値目標を設定してみましょう。

 

売値目標①購入価格

購入金額が3億円なら売値目標は3億円になります。「自分が購入した価格なので、そのくらいでは売れるはず」という考えに基づいた非常に現実的な目標の立て方です。ただし、不動産の価格は市況によって変化するため、購入後ある程度の年月が経っている場合には、高すぎたり安すぎたりすることがあります。

 

また、3億円で売れたからといって収支がゼロになるわけではありません。購入時にも売却時にも仲介手数料や諸費用が発生するためです。仲介手数料だけでも3%かかるので、「買って」「売る」には合計6%(1800万円)の仲介手数料が必要です。

 

売値目標②残債以上

売主のニーズに即した売値目標です。経営不振で廃業する経営者にとってほとんどの場合、不動産は最後に残された大きな資産です。その後の人生を決める切り札なので、借金を負わずゼロからスタートできるよう「せめて残債以上で売れてほしい」というのは切実な願いと言えます。

 

市場価格とはまったく無関係なので、残債が大きすぎるケースでは現実離れした売値目標となります。逆に市場価格より低めのケースではスピーディーな判断を後押しする一定の判断基準となることが考えられます。

 

「とりあえず借金を返済できればいい」と割り切ることができれば、売却における精神的なストレスは大きく軽減されます。

 

売値目標③できるだけ高値

不動産が持つポテンシャルを活かした高値売却は、すべての売主が掲げるべき目標です。ただし、売却においては売主それぞれに事情があります。早急な負債返済を求められている人なら、一定期間内に売却、清算を終えることが必須になります。そのため、このように「できるだけ高値」という売値目標には「事情が許す限り」という但し書きがつきます。

株式会社大澤都市開発 代表

兵庫県生まれ。龍谷大学経営学部出身。在学中はアメフト部に所属。卒業後、マンション販売会社を経て、実家の駐車場管理業務を引き継ぎ、1年で急成長させる。その後独立開業し、宅地開発、医療ビル開発等で事業を広げていき、日本では珍しい不動産オークションを主催、自社ビル内にオークション施設を併設。これまでの総取り扱い不動産は1000棟、15万平米を超える。不動産コンサルティングマスター。日本で唯一の経営者引退コンサルタント。株式会社大澤都市開発、他関連数社の代表を務める。

著者紹介

連載「事業用不動産」売却を有利に進める交渉術

本連載は、2016年8月16日刊行の書籍『経営者のための事業用不動産「超高値」売却術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

経営者のための 事業用不動産「超高値」売却術

経営者のための 事業用不動産「超高値」売却術

大澤 義幸

幻冬舎メディアコンサルティング

事業が悪化し経営苦に陥った中小企業経営者の切り札「不動産売却」。できるだけ高値で売却して多額の負債を返済したいと考えながらも、実際は買手の〝言い値″で手放せざるを得ないケースが多い。しかし、売れないと思っていた…

 

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

現地銀行幹部が語る「香港」における仮想通貨&ブロックチェーンの最新事情

~仮想通貨やブロックチェーン、フィンテック初心者にも分かりやすく解説!

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月30日(木)
内容

・仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックによって

 世界の金融業界と香港の投資環境がどう変わっているのか?

・投資対象や資産クラスとしての仮想通貨をどうみるか?

 フィンテック×香港投資環境変化の具体的な事例

・香港における仮想通貨、ICO等の最新事情とこれからの展望

・香港と日本それぞれの当局の動きと今後の展開

・通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧