前回は、減価償却することの意味とともに、その計算方法について例を用いて説明しました。今回は、課税を先送りして現在の税額を減らす方法の考え方を見ていきます。

「税金を先送りにする」が基本

これまでの連載で、減価償却がどういうものかを理解していただいたところで、「それがなぜ節税になるのか」という仕組みについて、解説していきたいと思います。まず、考え方のベースになる、所得税と法人税の所得計算について、ここで確認しておきましょう。

 

この記事はメールマガジン会員様限定です。メールマガジン会員登録(無料)をすると全文をお読みいただけます。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2014年4月25日刊行の書籍『スゴい「減価償却」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    本連載の内容に関しては正確性を期していますが、内容について保証するものではございません。取引等の最終判断に関しては、税理士または税務署に確認するなどして、ご自身の判断でお願いいたします。

    スゴい「減価償却」

    スゴい「減価償却」

    杉本 俊伸+GTAC

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「減価償却で節税」とはよく聞きますが、課税と節税の仕組みを十分に理解して使いこなせている人は多くありません。 減価償却を活用するポイントは、タックスマネジメントです。タックスマネジメントとは、税額や納付のタイミ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ