若者・富裕層・中流層向け…フィリピン不動産の新築物件事情

前回は、フィリピン不動産の「実需ニーズ」を踏まえた出口戦略を説明しました。今回は、フィリピン不動産の新築物件事情について見ていきます。

高額物件に住むフィリピン人の「普通」の若者

フィリピンの高級コンドミニアム「SMJAZZTower」には、多くのフィリピン人が住んでいます。

 

当初はこのような高額物件にフィリピン人が住むなんて、誰も想像していませんでした。家賃が2万2000ペソですから、決して安くありません。しかしエントランスを出入りするのは、普通のフィリピンの若者です。

 

やはり立地がよく、階下にモールがあるような最新式の部屋だと人気があるようです。

 

自分で3000ペソくらいは出しているかもしれませんが、残りは親が支払っているのではないかと推測します。

 

[PR]日本人のための「フィリピン×資産保全」最新事情・無料セミナー開催!
セブ島開発プロジェクトから仮想通貨事情までフィリピンの投資機会を全網羅

 

気になる部屋の広さですが、「SMJAZZTower」は他のコンドミニアムと比較しても小さい部屋も充実しているようです。

 

22㎡のワンルームからあり、一番売れているのが30㎡の1ベッドルーム、2ベッドルームで37㎡です。

 

いくら狭いとはいえ若い人が住むには豪華です。本来なら現地採用の外国人が住むような物件にフィリピン人の若者が住んでいます。

 

「SMJAZZTower」は全2200戸もあり、そんな巨大コンドミニアムが街の中心地に乱立でもしたら、供給過多と思われても仕方がないのでしょう。

フィリピンでも「新しい物件」が人気!?

ところでフィリピンという国が面白いのは、セカンドハウスとしてコンドミニアムを所有するお金持ちが多いということです。

 

このように、当初「主に外国人が住むだろう」と想定されていたコンドミニアムに、現地のお金持ちが住んだり……など、一般には想定しにくい賃貸ニーズが潜んでいるのです。

 

フィリピンにはまだまだ貧しい人たちもたくさんいますが、一方で超格差社会でもあります。つまり、貧しい人たちが多くいる半面、セカンドハウスを所有したり賃貸するようなお金持ちもいるということです。これは渡辺が実際に現地に住んでみて、改めて体感しています。

 

またフィリピンで今建っているコンドミニアムと、数年前に建ったものとでは、グレードが格段に違います。3年前に竣工した物件でさえ、まるで昭和の団地のように古臭く、センスの面で強烈に落ちます。ある時期を境に施工技術が革命的に進歩したおかげです。

 

3年前にスタンダード&プアーズ、フィッチ、ムーディーズがフィリピンを格上げしました。そのタイミングでアメリカの外資が莫大なお金を投入し、一気に外資の施工技術が流入したために、フィリピン全体の技術を急激に底上げしたのです。

 

一昔前までなら、高級ブランドであるアヤラやシャングしか、まともな物件を建てられませんでした。それらのビルはまったくメンテナンスなどしませんので、今後はリノベーション案件を積極的に行っていくでしょう。

 

言うまでもなく、売り物としてはより新しい物件が魅力を持ちます。プレビルドは建ち上がっていないことがリスクと言われますが、それは逆にプラスでもあるのです。

古い物件は「リノベーション」で商品価値を上げる

同じ家賃で住んでいたら「新築へ引っ越したい!」と望むのが正常な判断です。

 

[PR]日本人のための「フィリピン×資産保全」最新事情・無料セミナー開催!
セブ島開発プロジェクトから仮想通貨事情までフィリピンの投資機会を全網羅

 

おそらくマカティの古いマンションに住んでいた中流層の入居者たちが、先ほど例に挙げたような「SMJAZZTower」に引っ越してきたのではないだろうかと推測します。

 

中流層の中でも「中の上」が生まれ、その結果、「中の中」の人たちが急増し、この人たちが、まずは古いコンドミニアムに移り住みます。そこでキャリアアップした人たちが新しいコンドミニアムへ移っていると推測します。

 

このように、古い物件から上がってくる人たちがいるため、空室になることもありません。私たちの会社で借りている物件はとりわけ問題ありませんが、それでもかなり古いタイプです。

 

たとえば日本のRCなら、柱が表面に出ていると古臭さを感じさせます。木造では開口部が広ければ古いイメージがあります。日本では耐震基準が厳しく、新しい物件ほど窓が小さくなるものです。

 

フィリピンでは素材そのものが古いです。木の色が茶色ベースだったりしますが、今はヨーロッパ調が主流です。

 

それゆえに古い物件はリノベーションをかけて、商品価値を上げてあげれば再生できると思います。立地に関しては申し分なく最高なのだから、入り口やフロアだけでも改修するだけで十分に価値は上がるはずです。

 

部屋の中に関しては、投資家たちでつくりますから、問題ありません。この案件はポテンシャル(可能性)としてある。長期で見ると、これから建つ物件もあれば、過去の物件も再生できるでしょうから、様々な選択肢がこれから出てきそうです。

ハロハロアライアンス/ディレクター
GATE of ASSETS 財団/ 常任理事
公益財団法人 国際人材育成機構/マニラ駐在員事務所開設準備室長 

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介

ハロハロホーム マニラ本社 Director

ハロハロホームは、フィリピンのメトロマニラ首都圏のビジネス中心地マカティ市に本社を構え、フィリピン不動産投資や、フィリピンの土地販売を手がける企業。賃貸仲介サイトの運営、不動産管理、メンテナンス、内装、転売のサポートなど、購入・管理・売却まですべて対応できる強みを持つ。

著者紹介

連載「フィリピン不動産投資」が資産形成に最適な5つの理由

本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『億万長者になりたければ、フィリピン不動産を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

鈴木 廣政・渡辺 頼子

幻冬舎メディアコンサルティング

止まらない人口減少、オリンピック相場の反落、不動産市場の縮小――国内不動産暴落のXデーは、刻一刻と近付いています。これを裏付けるように、事実、家賃下落や空室率上昇などの問題は年々深刻化しているのです。そんな中で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧