前回は、フィリピン不動産投資で複数戸所有するメリットを紹介しました。今回は、物件のバラエティに富む「フィリピン不動産」の魅力について見ていきます。

選択肢が多いフィリピンの不動産

フィリピン不動産はバラエティが豊富なのが魅力です。各地域、物件によって特徴が違います。海外不動産はパッケージ化されて選べないものが多いのです。たとえばカンボジア。800万~2億円までの物件を選べることなんて、まずありません。限られた物件しかないのが普通です。

 

 

それに比べ、フィリピンは非常に選択肢が多いですし、同じ価格帯でも事業用の登記が入れられる物件など、コンセプトが違うものもあります。

まずは毎月6万円、1000万円の物件から始めてみる

また先ほどは毎月30万円払える資産背景をもつ人が、1000万円の物件を4戸買うケースをご紹介しましたが、同じ支払額で、1000万円の物件を1戸と、3000万円の物件を1戸買うという方法もあります。価格帯まで変えると、単身、カップル、ファミリーなど、さらに借りるほうの属性にバリエーションが出てきます。また、価格が高いほど長く住む傾向があり、移動しづらいという独特のバランスがあります。

 

とはいえ、価格帯が上がると月々の支払いも上がりますので、最初から複数戸を買うのはサラリーマンには物理的に難しいかもしれません。まずは毎月6万円で、1000万円の物件ひとつから始めてみることです。そして余力が出てきたら、バリエーションを増やすということを念頭において、新しい物件を増やしていくとよいでしょう。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『億万長者になりたければ、フィリピン不動産を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

    億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

    鈴木 廣政・渡辺 頼子

    幻冬舎メディアコンサルティング

    止まらない人口減少、オリンピック相場の反落、不動産市場の縮小――国内不動産暴落のXデーは、刻一刻と近付いています。 これを裏付けるように、事実、家賃下落や空室率上昇などの問題は年々深刻化しているのです。 そん…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ