フィリピン不動産の未来を変える「ポータルサイト」とは?

前回は、フィリピン不動産デベロッパーの「リーシング」事業の実力について検証しました。今回は、フィリピン不動産の未来を変える新たな「ポータルサイト」について見ていきます。

まだまだ整備されてないフィリピンの情報インフラ

本章の冒頭(書籍参照)で述べた通り、そもそもフィリピンにはコンドミニアムの管理を行う会社はあっても、日本の管理会社のように不動産投資物件の管理運営を委託する会社はありません。

 

日本では、売買仲介の会社、管理会社といったように不動産会社でも不動産投資物件を仲介する会社、賃貸の客付けをする会社、管理運営を行う会社と役割分担があります。

 

現状でフィリピンには、賃貸の管理会社がほとんど存在せず、あるのは各コンドミニアムの管理会社で、日本の管理組合に当たる物件全体の管理を行う会社です。

 

[PR]日本人のための「フィリピン×資産保全」最新事情・無料セミナー開催!
~限定公開の投資用不動産/4泊5日で「フィリピン永住権」取得する方法も伝授

 

売買仲介から内装手配、賃貸仲介、物件管理までワンストップで行っている私たちの会社のような形態は数少なく、日本人以外の会社ではほとんど聞きません。

 

投資物件の運営を丸投げできる管理専門の会社がないフィリピンにおいて、最大のリスクとなり得るのが入居付けの問題です。その解決策は、ポータルサイト活用にあります。

 

フィリピンの情報インフラはまだまだ整備されていない状態です。不動産についても、オーナーが効率的に入居希望者を探せるシステムが構築されていません。

 

またネットを使った広告のレベルも低く、プッシュ型の案内や広告はまず見かけません。

 

たとえば、ある若者がフィリピンエアラインに就職が決まったとします。彼に「おめでとうございます! あなたの職場の近くにこんなステキな物件があります。○月△日までなら仲介手数料を無料にします!」というようなサービスを行えば効果的ですが、そういった広告はありません。

 

ニーズがあっても、お客様に情報を届ける手段が少ないのです。しかし逆に、そこにはビジネスチャンスがあります。

幅広い層へアピールできる「クラウドコミュニティー」

私たちの会社では、2014年の10 月から不動産総合マッチング事業として『ハロハロホームレンタル』というサイトをオープンさせました。まだ未成熟ではありますが、「買う・借りる・売る」といった不動産投資のトータルサポートサイトとして、フィリピン初の取り組みを行っています。

 

そして2018年4月1日からスタートする、クラウドコミュニティーというサービスでは、「ハロハロアライアンス」すべてに通用するポイントを流通させます。簡単に説明すると、「ハロハロポイント」の発行です。ハロハロポイントは、物件探しはもちろん、ショッピングにも使える、言わば日本の楽天ポイントのようなサービスです。

 

将来的にはルームメイキング、ランドリー、クッキング、ショッピング、果てはドライバーシェアリングから配車手続きまで、様々な支払いの代行サービスが可能になり、フィリピンの一般の人も使えるようにします。

 

このようなサービスは、世界中どこを探してもありません。日本で実現してほしいという声も聞かれますが、人件費が高くてとても無理なのです。

 

ターゲットは駐在員、フィリピン人のエリート層、現地採用の外国人といったユニットを契約した顧客になりますが、彼らに「こんなサービスがあったらいいな!」という顧客満足度の最大限化を図ります。これは日本の「テナントリテンション」の感覚に近いでしょう。

 

[PR]日本人のための「フィリピン×資産保全」最新事情・無料セミナー開催!
~限定公開の投資用不動産/4泊5日で「フィリピン永住権」取得する方法も伝授

 

またクラウドコミュニティーのサービスは、入居者だけでなく一般国民をも視野に入れているのが特徴です。これによりショッピング客にまで、幅広い層へアピールできます。

 

フィリピン不動産投資と言えば、キャピタルゲイン狙いのイメージが先行して、堅実にインカムを稼いでいく投資手法がまだ認知されていません。

 

実際、フィリピン不動産で客付けに対して、私たちのような取り組みを行っている企業は存在しません。目先の利益や小手先の空室対策ではなくて、日本人駐在員、外国人労働者、フィリピン国民すべてを対象としたマーケティングを行い、フィリピン投資での成功を目指すだけでなく、私たちがパイオニアとなって新しい賃貸マーケットをつくり上げていこうと考えているのです。

ハロハロアライアンス ディレクター
GATE of ASSETS 財団 常任理事
公益財団法人 国際人材育成機構 マニラ駐在員事務所開設準備室長 

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務を経て、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介

ハロハロホーム マニラ本社 Director

ハロハロホームは、フィリピンのメトロマニラ首都圏のビジネス中心地マカティ市に本社を構え、フィリピン不動産投資や、フィリピンの土地販売を手がける企業。賃貸仲介サイトの運営、不動産管理、メンテナンス、内装、転売のサポートなど、購入・管理・売却まですべて対応できる強みを持つ。

著者紹介

連載「フィリピン不動産投資」が資産形成に最適な5つの理由

本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『億万長者になりたければ、フィリピン不動産を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

鈴木 廣政・渡辺 頼子

幻冬舎メディアコンサルティング

止まらない人口減少、オリンピック相場の反落、不動産市場の縮小――国内不動産暴落のXデーは、刻一刻と近付いています。これを裏付けるように、事実、家賃下落や空室率上昇などの問題は年々深刻化しているのです。そんな中で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧