フィリピン不動産投資で「利回り10%以上」を実現する方法

前回は、情報サイトが未発達なフィリピンでの不動産の客付け方法について説明しました。今回は、フィリピン不動産投資で「利回り10%以上」を実現する方法について見ていきます。

日本で「都内」の物件を購入するのは難しいが…

フィリピン不動産投資における利回りは、7~8%程度が一般的ターゲットです。

 

GlobalPropertyGuide(海外不動産ガイド)という機関の発表による「世界の主要都市の利回りランキング」を見ると、フィリピン不動産の〝高利回りぶり〟は際立っています。

 

現在、日本国内では、利回り8~10%の一棟マンション・アパートを購入する手法が人気を集めています。

 

サラリーマン投資家が購入できる物件価格帯からすると、よくて都内の市部、千葉・埼玉・神奈川の3県。都内で購入することが難しいため、札幌・名古屋・福岡といった地方の主要都市で購入する投資家も多くいます。

 

[PR] <3月16日(土)開催>メディアには絶対書けない「海外永住権」を取得する「真のメリット」をセミナー会場で限定公開/4泊5日でフィリピン永住権を取得する方法も伝授

 

フィリピン不動産では、日本でいう銀座・六本木という一等地のコンドミニアムを利回り7~8%で購入できるため、かなり割安です。

収益性が高いといわれる「ホテルコンド」とは?

さらに、利回り10%以上で運営する方法もあります。私たちが今手がけているのは、観光客などに1日単位で部屋貸しをするホテルコンドミニアムを始め、私たちが開催する視察ツアーでフィリピンに来られるお客様へ貸すことです。普通賃貸で貸すことに比べて収益性が高いのが特徴です。

 

ホテルコンドの基準となる利回りは、年貸し(1年契約)で6~8%。日貸し(一泊)ならば、月の半分を埋めると想定して、利回り12~13%はほしいところです。

 

もちろん稼働日数が多ければ多いほど収益が上がりますが、現実的には清掃日などが必要となるので、ホテルのような体制で毎日稼働することができません。そのため月の半分を稼働させるのが指標となります。

HallohalloHome Founder
GATE of ASSETS 財団 常任理事 

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務を経て、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、不動産事業を中心にマニラ、セブの不動産投資を最適化する売買仲介、管理、内装、進出支援、金融、ストリートチルドレン復学プログラム等を展開。

著者紹介

ハロハロホーム マニラ本社 Director

ハロハロホームは、フィリピンのメトロマニラ首都圏のビジネス中心地マカティ市に本社を構え、フィリピン不動産投資や、フィリピンの土地販売を手がける企業。賃貸仲介サイトの運営、不動産管理、メンテナンス、内装、転売のサポートなど、購入・管理・売却まですべて対応できる強みを持つ。

著者紹介

連載「フィリピン不動産投資」が資産形成に最適な5つの理由

本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『億万長者になりたければ、フィリピン不動産を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

鈴木 廣政・渡辺 頼子

幻冬舎メディアコンサルティング

止まらない人口減少、オリンピック相場の反落、不動産市場の縮小――国内不動産暴落のXデーは、刻一刻と近付いています。 これを裏付けるように、事実、家賃下落や空室率上昇などの問題は年々深刻化しているのです。 そん…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧