(※写真はイメージです/PIXTA)

既婚の中高年男性にとって、自分よりも妻が先立つという事態は想像しにくいことなのかもしれない。しかし、そんな「想定外」が現実になると…。実情を見ていく。

「自分が亡くなるときは、妻に見送られて…」と考える男性多数

多くの中高年男性は当然のように「妻より自分が先立つもの」という認識を持っている人が多いようだ。

 

厚生労働省『令和4年人口動態』によると、2022年の死亡者数は156万6,032人。そのうち結婚している男性の死亡数は47万0,585人、結婚している女性の死亡数は16万4,550人。この数字から「夫を亡くした妻」のほうが圧倒的多数であることがわかる。

 

60歳を前に亡くなる夫は1万7,642人、妻は1万3,902人。当然だが、年齢が上がるほど「妻(夫)に先立たれる夫(妻)」は増えていく。結婚している65歳以上の男性の死亡者数は43万9,891人、女性の死亡者数は14万3,116人となっている。

 

男女の平均寿命の差、配偶者との年齢差から、何の疑いもなく「最期は妻に見送られて…」と考える男性は多いだろうが、現実は必ずしも思った通りではないかもしれない。「見送る立場」になる夫も、年間14万人近くにのぼるとみられる。

 

◆男女別・年齢別「有配偶者の死亡数」

 

60~64歳:13,052人 / 7,532人

65~69歳:24,661人 / 12,142人

70~74歳:56,975人 / 23,591人

75~79歳:73,045人 / 27,392人

80~84歳:100,986人 / 33,807人

85~89歳:106,830人 / 29,848人

90~94歳:61,634人 / 13,922人

95~99歳:14,636人 / 2,299人

100歳以上:1,124人 / 115人

 

※数値の並びは「男性/女性」

次ページ心配する子に「ジジイ扱いすんな!」

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録