(※写真はイメージです/PIXTA)

令和になってもまだ一掃されない「パワハラ体質」の職場。残念なことに、転職したからといって、簡単に逃れられるケースばかりではないようだ。実情を見ていく。

「パワハラを受けたことがあるか」の問いに、「ある」65.5%

振り返れば、昭和時代はビジネスシーンにもプライベートにも「ハラスメント」があふれていたが、令和のいま、人々の意識改革が進み、ハラスメント予防への積極的な取り組みがなされるようになった。

 

だが、現実問題はどうかというと、一見見えにくくなっただけで、実際にはあちこちで根深い問題として残っているように見える。

 

株式会社ワークポートは、全国の20代~40代の男女を対象に行った『パワハラ被害の実態についてのアンケート調査』を実施している。これによると「現在の勤務先(または直近の勤務先)で、パワハラを受けたことがあるか」の問いに対して、実に65.5%が「ある」と回答している。内容の最多は「暴言・侮辱(言葉の攻撃)」で78.5%だった。

 

◆受けたことのあるパワハラ…上位7

 

1位 「暴言・侮辱(言葉の攻撃)」78.5%

2位 「能力の過小評価・成果を認めない」44.3%

3位 「過剰・過酷な業務の強制」:37.2%

4位 「無視・仲間外れ」31.2%

5位 「業務をさせない・与えない」26.6%

6位 「労働者の権利侵害」25.6%

7位 「プライベートの介入」25.2%

※複数回答

 

また「パワハラを受けたときどうしたか」の問いには、「誰にも相談せず我慢」が最多で46.4%。ほかには、上司や家族・友人、同僚などに相談をしている。しかし「パワハラ対処後」について聞いたところ、「解決しなかった」が59.1%、「誰にも相談せずに我慢した」が28.9%。結局「解決した」はわずか12.0%に過ぎなかった。

 

さらに「勤務先(または直近の勤務先)でパワハラ防止に関する取り組みが行われているか」と聞いたところ、「はい」は44.3%と、半数以下だった。

 

この結果から、いまだにパワハラで悩んでいる人は少なくないと推察される。

次ページ厳しいノルマに人格否定、逃れた先でもまた…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録