郷里の母への仕送りを、母がすべて私名義の口座に貯金していました。このお金に相続税は課税されますか?【弁護士が回答】

郷里の母への仕送りを、母がすべて私名義の口座に貯金していました。このお金に相続税は課税されますか?【弁護士が回答】
(※写真はイメージです/PIXTA)

相続時にしばしば問題になる「名義預金」。ここでは、長年母親に仕送りしていたお金を、母親が子ども名義の口座に貯金していた場合、相続税が課税されるのかどうかを考えます。相続問題にくわしい、山村法律事務所の代表弁護士、山村暢彦先生に聞きました。

母への仕送り、母が私名義の口座に貯金…このお金はだれのもの?

50代女性です。郷里の母が亡くなったため、遺品整理を行っていたら、私名義の銀行口座を発見しました。中を確認したところ、約2,000万円の預貯金がありました。

 

亡き母はシングルマザーで、私が子どものころは生活が厳しく、高校生のときはアルバイト代全額を母に渡すような生活でした。大学は奨学金を借りて卒業し、就職してからは約30年間、毎月仕送りをしてきました。

 

口座の記録を調べたところ、口座を開設したのは母が離婚した年で、そのころには恐らく父の養育費と思われる定期的な入金があったほか、不定期に母の口座から送金されている振込もありました。私が就職した年からは、おそらく私の仕送りだと思われるお金が定期的に入金されています。

 

そこで思ったのは「この銀行口座は名義預金なのか?」ということです。少なくとも、母に送金した私のお金を、私名義の口座に入金したのであれば、これは名義預金ではなく、私のお金ではないのでしょうか?

残念ながら、相続税が課税される可能性が高い

「長年親に仕送りしていて…」ということであれば、基本的に相続時に課税されると考えられます。

 

まったく動かしていないお金の場合「名義預金認定」されることが多くあります。


具体的には、親が子どもの名義で預金を作り、まったく動かしていなかった場合などが典型例です。

 

ここでの名義預金とされるポイントは、

 

「名義は子だが、管理実態は親にある」

 

という点があげられます。

 

そのことから「子の名義でも、親のお金である」という理屈になるのです。

 

そのため、子どもからの仕送りとはいえ、完全に子の管理下を離れ、親が自由に処分できるお金になっているため、実態としても親のお金といえそうです。

 

以上から、税務署はあくまでも「親のお金」と認定する可能性が高く、相続税が課税される可能性が高いといえます。

 

 

山村 暢彦
山村法律事務所 代表弁護士


 

 

 

注目のセミナー情報

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

【海外不動産】7月26日(金)開催
【格安リセール】即完売した日本人オーナーの売却物件が出ました!
ロンドン通勤圏・1200万円台~・ネット8%以上
英・ロンドン不動産投資ウェブセミナー

 

【海外不動産】7月30日(火)開催
最新の経済状況から不動産市場を分析
「マレーシア不動産投資戦略」

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧