今回は、日本が抱える「タックス・イーター」という問題について見ていきます。※本連載は、医療問題アナリストで歯科医師の吉野敏明氏、経済評論家で公認会計士・税理士の田中肇氏、一般社団法人包括安心サポート研究所の代表理事・大和泰子氏の共著、『本当に正しい医療が、終活を変える 』(かざひの文庫)の中から一部を抜粋し、幸せな人生を終える人と、そうでない人の違いはどこにあるのかを探っていきます。

日本でも年々増え続ける「有病率」

2000年から始まった介護保険。試行錯誤と改正をしながら現在で18年目を迎えています。

 

40歳から64歳までの方は、末期癌や関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、骨折を伴う骨粗鬆症、老期における認知症(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体病等)、パーキンソン病関連疾患など、特定の12疾患で受給が可能ですが、これらの年代の方の受給率は非常に低く、僅か3%で、なんと65歳以上が97%です。

 

75歳では約3分の1の方が介護保険を受給しており、80歳以上では78%が受給しています。つまり、年齢が上がれば上がるほど、介護保険を受ける頻度が激増するわけです(下記の図表1参照)。

 

[図表1]年代別の推定認知症有病率

 

65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人もいることがわかり、認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されています(厚生労働省研究班より)。

 

これを年代別に見ると、74歳までは10%以下ですが、85歳以上で40%超となり、90歳代では約75%、100歳を超えるとなんと97%に達しているのです。

国民の10人に一人が「タックス・イーター」

2016年7月27日に発表された、日本人の平均寿命(0歳時の平均余命)は、女性が87.05歳、男性は80.79歳で、いずれも過去最高を更新しました。

 

将来は平均寿命が90歳になると予測され(下記の図表2参照)、2050年では人口が1億人まで減少、65歳以上が2000万人、そのうち認知症が800万人、なんと10人のうち約1.3人が認知症という国になってしまうのです。

 

[図表2]平均寿命の推移と将来推計

 

これに加え、現在増えているうつ病も10年で倍のペースで増えており、うつ病を含めた気分障害の患者数は現在1000万人を超えています。

 

このペースでは、2050年では国民の8割である8000万人が気分障害患者となり、現在のうつ病の休職者数20万人から推定すると、2050年では200万人がうつ病で休職している計算になります。

 

休職する理由は他にいくらでもありますが、この200万人と認知症の800万人を足しただけでも1000万人、国民の10人に一人がタックス・イーター(支払う税金より、受けるサービスのほうが多い人)といわれる状態になってしまいます。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2016年9月22日刊行の書籍『本当に正しい医療が、終活を変える』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    本当に正しい医療が、終活を変える

    本当に正しい医療が、終活を変える

    吉野 敏明・田中 肇・大和 泰子

    かざひの文庫

    本書は終活のための本です。よい終活とは、遺書を書くことでも、墓石を選ぶ事でも、葬儀会社を選ぶことでもありません。保険を組み合わせることでもありません。健康な体と心をもち、心が最期の瞬間まで成長する。これによって…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ