中古よりも断然人気の高い「新築マンション」。購入直後には胸をときめかせていても、数年たってから誤算に気が付き、驚く人も少なくありません。本記事では、片岡忠朗氏の著書『買った後に絶対後悔しない! 金持ちマンション購入術』(ごきげんビジネス出版)より、新築マンション購入時の注意点について解説します。

新築マンションの3つの落とし穴

マンション購入を考える方たちで、まずは新築マンションから検討をしてみる方も多いのではないでしょうか。

 

容易に想像がつくことですが、実際に本格的にマンション購入に向けて動き出してみると、築年数以外の立地や間取りなどの条件が同じようなマンションであれば、新築と中古を比べると、新築は物件価格が高いことがすぐにわかります。

 

新築を購入する前に気をつけなければいけないことは、物件価格以外にも新築ならではのデメリットがあり、その落とし穴にはまらないようにしなければなりません。落とし穴は通常では気づくことが難しく、よほど注意深い方や、あらかじめその落とし穴を知っている方でないと、はまってしまいます。

 

このような潜在的な新築のリスクを次に3つあげてみますので、しっかりと認識して購入を検討することを心がけてください。

 

1.修繕積立金の落とし穴

修繕積立金は将来のための貯蓄のようなもので、マンションの建物や設備を将来にわたり維持・向上していくためには、なくてはならないものです。また、修繕積立金は、新築マンションにおいて、数年後には値上げをしなければいけないものだと認識しておく必要もあります。

 

残念ながら新築のときに設定されている修繕積立金の設定金額は、売主の販売戦略もあり、一般的に適正とされる金額よりも低く設定されていることがほとんどで、ある程度の値上げは覚悟しなければなりません。

 

もし、それを知らずに購入してしまうと、数年後に修繕積立金が何倍にも値上げされることによって、家計が圧迫されて月々の家計が火の車となるような事態にもつながりかねません。この落とし穴に、はまらないよう、くれぐれも注意することが必要です。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月30日(火)開催
最新の経済状況から不動産市場を分析
「マレーシア不動産投資戦略」

 

【国内不動産】8月3日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ数年後に値上げする可能性の高い費用はほかにも…

※本連載は、片岡忠朗氏の著書『買った後に絶対後悔しない! 金持ちマンション購入術』(ごきげんビジネス出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

買った後に絶対後悔しない! 金持ちマンション購入術

買った後に絶対後悔しない! 金持ちマンション購入術

片岡 忠朗

ごきげんビジネス出版

本書では、マンションを購入する時のポイントから購入した後の管理方法まで、100棟以上のマンション管理員も経験して現場目線を持ったマンション管理の専門家の立場から管理目線でお伝えしています。 これから自身が居住す…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧